どうやって修得した? 料理苦手女子が料理上手になる方法3選

料理スキルを上達させたい場合の方法とは?

料理する女性
(monkeybusinessimages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自炊や彼に手料理を振る舞いたいと夢を見つつも、料理が苦手…。結婚したら必要かもと思いつつも、先延ばしになっている人もいるかもしれません。

そこで、fumumu取材班は料理上手になる方法を聞いてみました。


①ネットのレシピや動画

友達が女子力向上と将来のためになるとススメている理由がわかったと話す女子の経験は…

「元々、手先が不器用なこともあって、料理をすることがとても苦手でした。でも、将来のためにも、女子力向上のためにも、友達から推奨されて始めることに。


今は、ネットで検索するとレシピが山盛りで出てきます。あと、『YouTube』で動画として研究すること、これが自分の料理の腕前を飛躍させました」(20代・女性)


関連記事:相性のいい男性って? 苦手を解消してくれる人こそが運命の相手かも

②料理教室に通いつつ親を頼る

料理が上手になって彼氏の胃袋を掴みたい…そのためには勉強と慣れが必要だったそう。

「元々料理が全くできない私は、彼氏ができたことをきっかけに料理を勉強することにしました。、まずは料理教室に通うこと。『いつか本を見て…』と思っても腰が重かったので、お金を払って教室に通いました。


2つ目に親から学ぶこと。お金をかけることなくお袋の味を学ぶことができ、実践的に料理を学べます。料理教室で一応基本を学びつつも、親の味を習得しました」 (20代・女性)


③週に数回かは自分のために弁当

何事も最初から上手な人なんていません。すぐにくじけずにチャレンジし続けるのが一番の近道かも。

「とにかく数をこなしました。食べてくれる人がいないときは自分のために作るようにして経験を積むのみ。それが一番料理上手になる近道だと思います。料理教室に行く時間もなかったので、クックパッドをみて人気のレシピを探して作っていました。


彼や友達、家族など食べてくれる人がいる時はいい訓練になるので作っては感想を聞かせてもらいました。それだけだと心もとないので、週に数回は自分のためにお弁当を作って、節約も一緒に頑張りました」(20代・女性)


まずは何品か作れるようになるだけでも、自信がつくかもしれませんね。

・合わせて読みたい→この子はない! 料理できない女子の思いも寄らないドン引き行動3選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!