日向琴子のラブホテル現代紀行 ⑨宮城県『gull HOTEL』

お部屋もオシャレでご飯も美味しい、宮城県仙台市『gull(ガル)HOTEL』を紹介します。

■海が見える露天風呂も

605号には全面ガラス張りのテラスには開放的な露天風呂があり、目の前には海が見えます。日向が訪れた日は夕焼け、そして夜には月がとっても綺麗に見えて感激しました。朝焼けもドラマチックですよ!

ちなみに、内風呂も4人は入れそうな大きなジャグジーにベンチ付きのボディシャワー2名分とかなり広々。

浴室テレビもあり、ラグジュアリー感満載で、お風呂好きにはたまらないお風呂三昧のお部屋です。


関連記事:日向琴子のラブホテル現代紀行(13) 愛知『ルー・ヴィナ リゾートホテル』

■アメニティも充実

アメニティはPOLAのエステロワイエのスキンケアラインがボトルであるほか、スイートルームのみ限定で特別なアメニティがあります。

無料レンタル品も豊富で、ヘアアイロンとドライヤーも完備なので手ぶらで行っても大丈夫です!

メンバーになるとウエルカムサービスが24時間いつでも無料だったり、宿泊するとモーニングが無料になったり、11時から14時受付で日替わりランチサービスがあったり、18時から22時受付で日替わりディナーサービスがあったり、割引サービスがあったりします。

メンバー特典は、初めてホテルを使用したその日から適応になるので、チェックインしたらまずはメンバーになってくださいね!


★『gull HOTEL』 (ガル ホテル)

【住所】〒983-0002 宮城県仙台市宮城野区蒲生二本木127−6

休憩:税込2,900円〜   /   宿泊:税込6,900円〜

とっても綺麗なお部屋ばかりです。禁煙ルームあり。ウェルカムサービス、ルームサービスも豊富で美味しいです。

・合わせて読みたい→日向琴子のラブホテル現代紀行(16) 岩手『隣のホテル』

(文/fumumu編集部・日向琴子)

この記事の画像(5枚)

おすすめ記事

関連キーワード