「友達なのに嫉妬しちゃう…」嫉妬心を抑える方法はある?

友達に嫉妬して自分がつらくなる前に、嫉妬心を上手に抑える方法を知っておきましょう。

会話
(BartekSzewczyk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

仲がいい友達だからこそ、つい嫉妬してしまうこともありますよね。嫉妬心でモヤモヤしてしまったとき、どうすれば気持ちが楽になるのでしょうか?

fumumu取材班が、嫉妬心を上手に抑える方法を聞いてきました。


①努力している姿を思い出す

「友達だからこそ嫉妬してしまうこともあるけど、近い立場だからこそ努力している姿も見ているから。簡単に成功したわけではないと自分に言い聞かせれば、『あの子ばっかりずるい!』と思うことと少なくなると思います。


美人な子だと、つい顔がよくていいよなぁと思うこともあるんですけど…。美人だからこその苦労も知っているし、顔だけですべてを乗り越えたんじゃないとわかっているから。勝手に羨んで、友情を壊したくないなと思います」(20代・女性)


関連記事:友達だからこそ嫉妬する? 女友達が「うらましいなぁ」と思う瞬間

②嫉妬心を伝えてみる

「就活生だったとき、仲がよかった子が早い段階で内定を取ったんです。すごく悔しかったし、嫉妬もしました。私も余裕がなかったので、つい『羨ましい! すごい嫉妬してる!』って言っちゃったんですよ(笑)


でも、結果的に伝えてよかったと思います。気持ちを伝えたおかげで、取り繕う必要もなくなったので。自己分析を手伝ってもらったり、面接の話を詳しく聞いたり、ものすごく頼れる存在になりましたよ。


意味のないプライドを守って伝えなかったら、もっと苦しくなっていたと思います」(20代・女性)


③「真似していい?」と聞く

「いつもメイクがかわいくて、おしゃれな友達がいるんですけど、羨ましい気持ちを隠さずに使っているコスメをガツガツ聞いています(笑)!


かわいいと思っていることを隠すほうが、気まずい空気になると思いますよ。私の知らないコスメにも詳しいので、『真似していい?』と聞くことも多いです。嫉妬を隠さずアピールしたほうが、逆に清々しくなる気がします」(20代・女性)

隠しそうになる嫉妬心ですが、あえてオープンにすることでスッキリする効果もあるようです。

「実は嫉妬してる!」と思い切って伝えることで、深まる仲もあるかもしれないですね。

・合わせて読みたい→彼への嫉妬心をどうすればいい? 上手な付き合い方3選

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事