自分のペースを崩さないために 気持ちに余裕を持つ3つのコツ

いつも余裕がなくて、常にぐったりしていませんか? 自分のペースを守って過ごすには、どうすればいいのでしょうか。

リラックスする女性
(demaerre/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いつも焦ってばかり、気持ちに余裕を持ちたいのに…。そう悩んだことはないですか?

自分のペースを崩さずに過ごすために、意識するべきポイントはあるのでしょうか。fumumu取材班が聞いてきました。


①気分転換を忘れない

「いつも余裕がある人は、気分転換が上手なんだと思います。休憩なしでなにかをやり続けるなんて、誰だって無理じゃないですか。


適度にストレス発散ができる人が、周りから見たら余裕そうに見えるんじゃないかなぁと思います。会社でも、ランチも取らずにバタバタ仕事をしている人より、休憩するときはしっかりして、またピシッと仕事に戻る人のほうが憧れますね」(20代・女性)


関連記事:心の余裕を持つために…習慣にしたい3つのこと

②スケジュールに余裕を持つ

「いつも余裕がない人に限って、無茶な計画を立てたりするんですよ。計画を立てた時点で、その後に余裕がなくなるか、余裕を持ってこなすことができるか決まってくると思います。


いつも焦ってしまう人は、自分がこれくらいできると思った計画から、少しだけ緩めたものにする癖をつければいいんじゃないですか?


楽に見える計画でも、やってみると意外と適切なスケジュールになるかもしれないですよ。自分の能力を過信しすぎると、後で痛い目に合うと思います」(20代・男性)


③軽い運動をする

「気持ちに余裕がないときは、体もガチガチに固まっているような気がするんです。目の前のことで頭がいっぱいになっているから、体の疲れに意識が向かないんですよね。


職場で余裕がなくなりそうなときは、デスクで軽くストレッチをするようにしています。首を回したり、肩周りをほぐしたり。手首をブラブラさせるだけでも、意外と気持ちが切り替わります。


すごく簡単なことなんですけど、頭が冴えてスッキリするんですよね。自分の体をないがしろにしていると、いつかメンタル面にも影響があると思います」(20代・女性)

自分のためにも、周りのためにも、余裕を持って行動したいものです。ひとりだと抱えきれないことであれば、周囲に相談することも忘れないでくださいね。

・合わせて読みたい→気分転換ってどうやるの? 気持ちの切り替え方を聞いてきた

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事