自慢話にイライラしたくない! 気持ちを穏やかにする3つの方法

「いつも自慢ばっかり!」とイライラしている人のために、上手な対処法をfumumu取材班が聞いてきました。

女性の会話
(shironosov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

会うたびに自慢話をしてくる人に、ついイライラしていませんか? 自分がストレスを溜めないために、上手に対応する方法はあるのでしょうか。

fumumu取材班が、気持ちを穏やかにする3つの方法を聞いてきました。


①聞いているふり

「自慢話をする人は、ただ聞いてほしいだけなんですよ。こちらの意見なんて求めていないと思います。


頭の中で違うことを考えながら、『そうなんですか〜』と『すごいですね〜』のふたつを繰り返していれば場を乗り切れますよ。すごいと言うだけで満足してくれるなら、楽なもんじゃないですか。


無駄に張り合ったり、そんなにすごくないじゃんと態度に出したりすると、面倒ごとに巻き込まれるような気がします」(20代・女性)


関連記事:自慢話ばかりの人にウンザリ! 上手な返し方3選

②心をこめなくてOK

「自慢話をされたときって、どんな反応をすればいいかわからないから、なんて言ってほしいんだよ! と不満が溜まるんですよね。


本気ですごいと思っていないのに、お世辞みたいにならないかなと思うし…。でも、心をこめなくてもいいんだなと思ったんです。


特になにも言わなくても、相手の話を止めないだけで相手は満足してくれるんだとわかってきたから。相手の満足するような反応をしなくていいんだと思ったら、気持ちも楽になりましたよ」(20代・女性)


③「かわいそうに…」と思う

「自慢話が止まらない人って、誰も聞いてくれる人がいないんだと思います。褒められることも少ないから、どうにか褒め言葉をもらおうとしているんですよね。


毎回自慢話をされるとイライラしそうになるけど、『自慢できる人が他にいないんだ、かわいそうに…』と思うと、なんだか同情してイライラも減ります。


ボランティアの精神で、ぼーっと聞いてあげるだけでいいんじゃないですかね」(20代・女性)

自慢話をされても、自分が下に見られているわけではありません。ただの会話のひとつとして、「へぇ〜」と流していればいいのかもしれないですね。

・合わせて読みたい→エッチでわかる…彼の経験人数をなんとなく判断する方法

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!