すぐに飽きちゃう性格をどうにかしたい! 飽き性から抜け出す3つのコツ

すぐに飽きてしまう自分を嫌いになる前に、長続きさせるコツを知っておきましょう!

考える女性
(gpointstudio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「今度こそ長続きさせる!」と意気込んでいたのに、気がつけば三日坊主…。そんなことを繰り返していませんか?

物事を長続きさせるためには、どうすればいいのでしょうか。飽き性から抜け出すためのコツを、fumumu取材班が聞いてきました。


①完璧を目指さない

「飽き性の人は、完璧を求めすぎてしまうのかなと思います。求めるレベルが高くて、そこまでいけないと諦めてしまうんじゃないですか?


始めたばかりの趣味をプロの人と比べて、やる気がなくなってしまったり…。最初は何事もうまくできないと思うので、楽しめていればそれでいいんじゃないかと思いますけどね。


趣味程度に続けていれば、いつかプロ級の腕になっているかもしれないし。完璧にしようと意気込む必要はないと思いますよ」(20代・女性)


関連記事:もうこの恋は終わりかも…女子が彼に飽きたと思った瞬間

②目標を立てる

「目標を立てて、それを達成するまではやめないと決めてみるのがおすすめです。私も三日坊主になることが多いので、なにかを始めるときは『まずは1週間続けてみる!』と乗り越えられそうな目標を設定します。


最初からあまりにも大きすぎる目標にすると、達成できなくてもしょうがないと思ってしまうので、それくらいはできるだろうと自分が思うようなレベルにします。


1週間続けられたら、次は1ヵ月、次は〇〇ができるようになるまで…って目標を作り続けていくんです。気がついたら、意外と長く続いていたな~と思うこともありましたよ」(20代・女性)


③気分転換を忘れない

「いくら自分で決めて始めたことでも、面倒だなと思う瞬間って絶対にあると思うので。適度に気分転換をすることも大切じゃないですかね。


毎日やる! と意気込みすぎてしまうと、逆にストレスになると思います。飽きてきたら、一旦やめてみるのもいいんじゃないかなぁ。やめてしばらく経って、意外とまた始めたものって結構ありますよ。


継続していると言えるものって、別に毎日続けているから、というわけではないですからね。思い立ったときにやるものでも、長続きしていると認めてあげていいと思います」(20代・男性)

飽き性の人は、いろいろなことに興味が持てる好奇心を持っているとも言えます。

最初から「1年続けよう!」と大きすぎる目標を決めるより、「気が向いたときにコツコツやろ~」とゆるい気持ちで始めたほうが、意外と長く楽しめるかもしれないですね。

・合わせて読みたい→結婚もしたいけど、独身ならではのコレがなかなか手放せない…!

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事