「聞いているこっちが疲れる…」 悪口ばかりの人との上手な付き合い方

会うたびに悪口ばかり聞いていると、こちらが疲れてしまいますよね…。

女性の会話
(shironosov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「会うたびに悪口ばかり、聞いているこちらが疲れてしまう…」 そんな経験ありませんか?

グチグチと不満を垂れ流してくる人に、どう対応すればいいのでしょうか。

fumumu取材班が、おすすめの接し方を聞いてきました。


①他人の話と割り切る

「悪口に疲れてしまうときって、相手の立場に感情移入しすぎているんだと思います。自分が経験したことでもないのに、相手の怒りにつられてマイナスの感情が生まれてしまうんですよね。


あくまで他人の怒りなので、それに同調しすぎないことが大切だと思いますよ。他人の話だと割り切って、一線を引いて聞くようにすれば気持ちも楽になる気がします」(20代・女性)


関連記事:恋人が自分の家族の悪口を…気持ちの整理法と対処法

②悪口に同調しない

「悪口に同調してしまうと、悪口を聞いてくれる人だと認定されて、ますます話しかけられてしまうので…。聞いてあげたとしても、同じ意見だと相手に思われないようにしたほうがいいです。


『大変そうですね~』『そんなことがあったんですね~』と、第三者のスタンスを崩さないようにするんです。悪口大会に参加していたと周囲に思われると、それだけで不利益があることもありますから。


賛同してくれないとわかれば、悪口を振ってくることも少なくなるかもしれないですよ」(20代・女性)


③苦労を労ってあげる

「いつも悪口ばかりの人は、自分の待遇や扱いに不満があるんだと思います。自分の努力を認めてもらっていないと感じているんじゃないですか?


だから、周りでうまくいっている人が憎らしいんですよ。ボランティアだと思って、相手の苦労を労ってあげるだけで、意外と満足してくれますよ。『苦労してますねぇ』の一言でいいんです。


私だって、職場で評価されていないと感じたときは、上司から褒められている人にムカついてしまうこともありました。お互い労いあって、不満を発散させていけばいいんじゃないですか」(20代・女性)


相手に気を使いすぎて悪口に参加してしまうと、後で悔やむことになるかもしれません。

笑顔でさらっと流しながら、その場から上手にフェードアウトしてくださいね。

・合わせて読みたい→恋人が自分の家族の悪口を…気持ちの整理法と対処法

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事