嫌なことをさっさと忘れたい! 記憶から追い出すいい方法はある?

記憶にこびりついた忘れたい記憶を、さっさと消し去る方法はあるのでしょうか?

ベッドで悩む女性
(bunditinay/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ふとしたときに蘇ってくる、嫌な記憶たち…。1秒でも早く忘れる方法はないのでしょうか?

fumumu取材班が、忘れたい記憶を頭から追い出す方法を聞いてきました。


①趣味に夢中になる

「なにもしていないと、嫌な記憶を思い出してモヤモヤしてしまうので、趣味で気を紛らわします! 体を動かすことが趣味なので、忘れたいことがあるときは思い切り運動します。


汗を流してスッキリすると、気にしていたことも意外と小さなことだったなと思えるんです。どうしても外に出たくないときは、漫画をずっと読み続けるときもありますよ。


なにかに夢中になっていれば、別にもうどうでもいいや~って気分になるんですよね」(20代・女性)


関連記事:「嫌な気持ちを引きずりがち…」 頭をリセットする方法はある?

②人に話して消化する

「自分の中だけで抑えておこうと思うと、どうしてもイライラが長引いてしまうので…。忘れたいことがあるときは、誰かに気持ちをぶちまけるのが一番だと思います!


遠慮なく悪口を言っても引かれない相手に、とことん聞いてもらうんです。セーブして話してしまうと、逆に不満が増加してしまうので、感情を絞り出すことが大切です。もう話すことない! というところまで話せば、すごくスッキリしますよ」(20代・女性)


③とことん向き合う

「嫌なことから目をそらしていると、いつまでも忘れられないと思います。どうして嫌だったのか、自分はどうすればよかったのか、しっかり考える時間が必要じゃないですか?


見て見ぬふりをしていると、ふとしたときに頭に浮かんできて自分がつらいと思います。向き合って考えてみれば、解決策を思いつけるかもしれないし。


起きてしまったことをなかったことにはできないですもん。事実として認めたほうが、前に進めると思います」(20代・女性)


記憶に向き合うことで、嫌な思い出を消化する方法もあるようですね。

ずっと忘れられない記憶なら、あえて詳細に思い出して、そのときの気持ちを振り返ってみてはいかがでしょうか。

・合わせて読みたい→付き合っている彼に嫌なことを言われ…気持ちを伝える方法は?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事