「細かすぎて疲れる!」神経質な人との上手な付き合い方

「細かすぎない!?」と言いたくなったとき、はっきり伝えるべき? 我慢するべき?

イラつく女性
(sakkmesterke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

職場や学校で神経質な人と接するときに、「細かすぎない!?」 とイライラしていませんか? 細かい点が気になる人も、好きで指摘しているわけではないかもしれません。

お互いに傷つけあわないように、fumumu取材班が上手な接し方を聞いてきました。


①相手の長所を褒める

「神経質な人って、自分に自信がない人が多い気がします。自信がないからこそ、細かな点もチェックしないと気が済まないんじゃないでしょうか。


でも、それって長所でもありますよね。職場の先輩は、周りに『あの人は神経質だからなぁ』と言われることもありますけど、人のミスにもよく気がつくんです。


『いつも気がついてくれて助かります』と伝えることで、ピリピリしている空気が柔らかくなることも多いですよ。褒められることで自信が少しでもついて、周囲への対応も寛容になるんじゃないかと思います」(20代・女性)


関連記事:ブレない人に憧れる! 小さいことを気にしない3つの考え方

②頭ごなしに否定しない

「神経質な人を頭ごなしに否定すると、余計に意固地になってしまうと思います。こちらは気にならないことでも、どうしても気になってしまうんでしょうし…。


こちらに細かさを押し付けてきた場合でも、バッサリと否定するのではなくて、『私はあんまり気にならないんだぁ、ありがとう~』と流すようにしています。


過去に『細かすぎない!?』と言ってしまったとき、いかに私がだらしないか話されたことがあったので…(笑)地雷を踏まないためにも、言い方には気をつけるようになりました」(20代・女性)


③任せられる部分は任す

「細かなところに気がついてくれるなら、いっそのことお任せしてしまったほうがお互いに楽だと思いますよ。職場にすごく神経質な人がいるんですけど、私は細かな作業が苦手なので、頼めるところはお任せするようにしています。


私はどちらかというとルーズなタイプなので、相手がどんなやり方をしていても気にならないんですよね。それぞれが得意分野をやるようにすれば、イライラもしないと思います」(20代・女性)

あなたが「細かいなぁ」とイライラしているように、相手も「雑だなぁ」とイライラしているかもしれません。

それぞれが穏やかに過ごせるように、適材適所を考えることが大切なようですよ。

・合わせて読みたい→何で私だけ… 「怒られやすい人」の共通点とは?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事