15階から見る大阪駅! 「ブルーバード」でオシャレランチ

知らない人も多い? 駅直結のちょっぴり贅沢な大阪ランチに行ってきました。

大阪駅でランチ、どこも混んでいて並びますよね。今回ご紹介するお店も人気店ですが、普段大阪駅を使う人でも知らない人も少なくないと思います。

そんなこちらのお店は、普段よりちょっぴり贅沢なランチにオススメです!


■ブルーバード

bluebird
「ブルーバード」公式HPのスクリーンショット

「阪急梅田ビル」オフィスタワーの15階にあるこちらのレストラン「ブルーバード」。座席は3人以上で座れる席もありますが、基本的にはペアシートが多く、カップルや友人との食事にオススメです。

今回は3人で伺いましたが、窓側の2人用の席に、ひとつ椅子を足して案内してくださいました。窓の外にはJR大阪駅と梅田のビルが立ち並び、開放感があります。


関連記事:景色が最高! 東京・汐留「フィッシュバンクトーキョー」で贅沢ランチ

■ブルーバードのランチコース

今回注文したのは、アペタイザー、スープ、パン(食べ放題)、パスタ、メイン、デザートの6品のランチのコース(1,980円・税抜)。

ブルーバード

その中で、一番美味しかったのは最初に出てきたアペタイザー「デリカテッセン8種プレート」です。4色のソースにひと口サイズの小さい料理が2つずつ入ってるので、ちょこっとずつ色んな物を頂きたい女子には嬉しいですよね!

オレンジのソースのサーモンのマリネは、サーモンとソースとの相性が良く、サーモン好きにはたまらない! ソース単体ではピンクのソースがさっぱりしつつも濃厚な美味しさは衝撃を受けました。


■お肉とお魚、どちらも堪能できる!

ブルーバード

メインは「北海道の大地で育んだ『サロマ黒牛』のグリル&本日の魚のポワレ グリーンマスタードとエシャロットのラビゴットソース」。

お肉とお魚、2つのメイン料理が楽しめて、なんだか得した気分…! 今日はお肉にしようかな、お魚にしようかな、というお悩みから解放してくれます。

お肉は柔らかく、ソースとの相性バッチリ、お魚は臭みがなく、マスタードの酸味が効いていて爽やかな味でした。付け合わせの野菜もお肉とお魚の間に食べるといい箸休めになってバランスが良かったです。

ブルーバード

最後はこちらのデザートとコーヒーでおしゃべりタイム。カップルシートなので割と一緒に行く人との距離が近いです。あまり仲良くない男性と2人で行くのは少し気まずいかも・・・。

夜景も綺麗だそうなので、デートなら夜に行くといいかも!

・合わせて読みたい→ダイエット中のデートはどうする? 彼氏に理解を求める方法や妥協案

(文/fumumu編集部・kiki

この記事の画像(6枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!