西内まりや、26歳の誕生日に秘密明かす 「髪の毛なかなか生えない…」

西内まりやさんが26歳になりました。

(画像は西内まりやInstagramのスクリーンショット)

26歳の誕生日を迎えたモデルの西内まりやさんが、名付けの由来などを明かし、幼少期の写真も続々とアップしました。


■「まりや」の由来

24日のクリスマス・イブが誕生日の西内まりやさん。自身の名前について、「26年前の今日(24日)お腹を痛めて産んでくれた母、イヴ産まれだからと”まりや”という名前をつけてくれて」と、聖母マリアが由来していることを綴りました。

生まれてきたばかりのころ、西内さんは、髪の毛がなかなか生えてこなかったそう。そのため、男の子に間違われることがあり、気を遣って帽子を被せてくれてたようです。西内さん自身も、「猿時代」と回顧しました。

ずっとこうして愛情を示してきた両親に感謝し、続けて「これまで出会った全ての方々、応援して下さっている皆様に感謝をしています」と綴っています。

また、26歳になった西内さんは「新たな扉を開けるべく、この一年も精進して参ります」と思いを綴りました。

View this post on Instagram

また一つ歳を重ねました。 26年前の今日お腹を痛めて産んでくれた母、イヴ産まれだからと"まりや"という名前をつけてくれて、髪の毛なかなか生えないからって気を遣って帽子を被せてくれてた両親に感謝し、これまで出会った全ての方々、応援して下さっている皆様に感謝をしています。新たな扉を開けるべく、この一年も精進して参ります。よろしくお願い致します☺️✨ Merry Christmas Eve🎄🎅🏻✨ 良いChristmasを。 #無事に髪の毛生えました #いつも男の子に間違われていました #猿時代 #まりあではなくまりやです #名前負けしないようにだそうです #写真はまりやまにあより #皆様メッセージありがとう #メリクリ #世代

A post shared by Mariya Nishiuchi 西内まりや (@mariya_nishiuchi_official) on


関連記事:西内まりやが近況報告 「疲れてしまってた」「今の自分を受け入れて…」

■幼少期の写真が続々

インスタでは、幼少期のアルバム写真を続々アップ。帽子が必要だった生まれたてのころからはじまり、小学生の頃のパジャマやスクール水着などの写真が見られます。

また、もう少し大きくなって、バトミントンの監督とうつる写真まで…。「努力の上に花が咲く」という言葉は、この監督が教えてくれたものだそうで、「体育館120周、ツラかった……!!」と、当時のつらい思い出も記されてます。


■ファンからの祝福コメント

同投稿には、ファンからも多く祝福コメントが寄せられました。

「誕生日おめでとう。名前、そんな由来があったんですね」


「お誕生日おめでとうございます!初めてこんなに追いかけたいと思う人は、まりやちゃんが初めてでした。最初はかわいいなぁと思って、中身を知れば知るほど惹かれていきました」


「まりやまにあ引っ張り出して思わず見ちゃいました笑」


家族の大切な思いが素敵なエピソードにほっこり。26歳になった西内さんの新たな活躍が楽しみですね。

・合わせて読みたい→西内まりや、開放感あふれる黒ビキニショットに称賛 「極上ボディ…」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事