超辛党の恋人! 激辛グルメデートに付き合って後悔したこと3選

辛い物好きが失敗してしまいがちなお店選びのエピソード。

辛い食べ物
(frantic00/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

辛党の人はついつい自分の感覚で激辛グルメに誘ってしまいますが…。相手が辛い思いをしてしまうことも多々あります。fumumu取材班は後悔したエピソードを聞いてみました。


①辛いものの良さを伝えようと必死

あまりの凄まじさにデートがしんどくなってしまった女子の経験談は…

「私の彼氏は超が付くほどの辛党です。あまりの凄まじさに、『もう少し控えめにしてくれない!?』と言ったぐらい。まずキツいなと思ったのは、激辛で有名なラーメン店に連れて行かれたこと。私がお手洗いに行っている際に、辛口のラーメンを勝手に注文されていたんです。


さらに、『辛口の素晴らしさを伝えたい』と、超辛口の日本酒を頼まれて…。自分の好みを押し付けないように、と釘を刺しましたが、まだまだ彼の勢いは止まりそうになくて、ちょっと怖いんですよね」(20代・女性)


関連記事:麻辣&トムヤム風! アジアンスパイスで辛さ×10倍カレー新登場

②台湾まぜそば3連発で胃が故障

辛いもの好きな彼のテンポに合わせていると、普段から食べ慣れていない胃には刺激が強すぎることもあるみたいです。

「彼は辛いものが大好きな人。台湾まぜそばにハマった時、二人でまぜそばのお店を1日で3軒ハシゴしたことがあったんです。


私も美味しいと思ってたけど、胃袋はびっくりしてしまったようで…。3軒目で食べ終わる頃にはお腹が痛くて痛くて。慣れてる彼は涼しい顔をしてみましたけど…。ハシゴはハードだったな、と後悔しました」(20代・女性)


③ひと口だけで涙目になる食べ物

辛いものと言われてどの程度の辛さか想像するのは、人によって違うため、不慮の事故が起こってしまったそう…

「彼氏は激辛グルメが大好きで良く食べていたのですが、私はあまり辛いものを食べません。でも、彼氏が行きたいというので激辛グルメを食べに行くことに。まぁ食べることができる辛さだろうと思っていたのですが、その考えは甘かった…。


ひと口食べた瞬間に咳き込み涙目に。一口でアウトでした。彼氏は平気な顔で上手いと食べ続けており、ドン引き。今後一緒に付き合っていけるか心配になりました」(10代・女性)


辛い物好きは、一般の人がどれくらいのものを食べれるものか、相手が許容できる範囲なのかよく考えた上でデートに連れて行ってほしいですよね。あるいは、辛さが選べる店を選ぶのが無難かも。

・合わせて読みたい→人の彼氏を狙う横取り女子が発した恐ろしい一言…どう回避する?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

→【Amazonタイムセール祭り】8/27(土)9:00〜 最大15%ポイントアップキャンペーン同時開催

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事