名作映画の最強タッグ再び! 映像にも引き込まれる『イントゥ・ザ・スカイ』

『博士と彼女のセオリー』で共演したオスカー俳優コンビの新作映画をfumumu編集部記者がレビュー!

イントゥ・ザ・スカイ
© 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

今、私たちは当たり前のように、天気予報で明日の天気を知ることができます。しかし、どうしてそんなことができるようになったのでしょうか? その答えがこの映画の中に…。

来月17日から日本全国で公開される映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』。現在、Amazonプライムで配信されているとの話を聞き、fumumu編集部はひと足早く視聴! 今回は、この映画の見どころについてご紹介します!

関連記事:映画でアトラクション体験!? 話題作『1917』を観てきた

■映画『イントゥ・ザ・スカイ』とは

映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』。これは、19世紀半ばに酸素ボンベなしで気球に乗って、高度1万m超での空の旅を成し遂げた気象学者ジェームズ・グレーシャーの実話をもとにした映画。

ジェームズがこの時、上空でつけていたデータが、現在の天気予報や災害警報に大きな影響を与えることになります。

2人が飛んだとされる高度1万2千mは現在、ジャンボジェット機が飛行する基準高度を凌ぐ高さだとか。酸素ボンベなしでそこまで行けるのか!と疑ってしまいますが、本当の話だそうです。タフすぎる…。

そん実話にインスパイアされたこの映画。舞台は1862年のロンドン。主人公は堅物な気象学者のジェームズと自由気ままな気球操縦士のアメリア。性格が正反対の2人が気球に乗って高度の世界記録に挑戦するといったストーリーとなっています。

ジェームズは、天気を予測することが出来ると説を学界で唱えるものの、学者たちからは「荒唐無稽」とバカにされていました。空の謎を明らかにするために、女性気球操縦士・アメリアと調査飛行を行うことに。

アメリアは2年前に夫を亡くし、その悲しみから立ち直るため、ジェームズとの飛行を決意。それぞれの想いを2人は胸に気球に乗り込み、命がけの旅へと飛び立ちます。

しかし、それぞれの目的の違いから徐々に2人の間には険悪な空気が漂います。そんな中、世界記録である7000m地点まで上昇することに成功するのです。

そこからさらに高度を上げ、2人が上昇していきます。しかし、そこは前人未到の地。次々と予想もしない自然の脅威に襲われてしまい、絶対絶命のピンチに陥ります。果たして2人はどこまでの高さまで飛ぶことができるのか。そして、無事地上へと戻ることができるのか。

大空を舞台に繰り広げられるアドベンチャーストーリーです!


■あの名作映画のコンビが再び

ジェームズを演じるのは、英国俳優・エディ・レッドメイン! 『ハリー・ポッター』新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』の主人公・ニュート役として知っている人も多いのでは。

アメリアを演じるのは、フェリシティ・ジョーンズ。スターウォーズ『ローグ・ワン』でヒロイン・ジンを演じ、数々の話題作に出演しています。

じつはこの2人、。名作映画『博士と私のセオリー』で共演した「最強」コンビ。夫婦の愛を丁寧に描き、多くの人々に大きな感動を与えました2人が、今度はどんな演技を魅せてくれるのか。豪華主演キャストに公開前から注目を集めています。


■まるで空にいるような臨場感

この映画の舞台は気球が浮かぶ空の上。その映像がとっても美しい! 雲の中に入り、雲を抜けたら、美しい青い世界が広がっています。空の星もあと少しで手が届きそう。映像を見てみると、私たちも気球に乗っているかのような気分になります。

特に、積乱雲の中に入り、激しい嵐に巻き込まれるシーンでは激しさをハラハラすること間違いなし! まるで自分たちもジェームズたちと共に生きるか死ぬかの瀬戸際にいるかのような感覚です。

それと同時に「ああ、酸素ボンベも何も持たずに人が生身でこの空間にいるとこんな障害が起こるのか」「上空の大気の状態ってこんな感じなんだ…」と学ぶことができます。


■主演2人の演技が

この作品は、2人が乗る気球のバスケットの中での出来事がほとんどです。一見中だるみしてしまいそうな場面設定。でも、2人の迫真の演技に目が釘付けになるので、時間を過ぎるのがあっという間です。

前回の映画の共演経験を通して築きあげた2人の信頼関係があったからか、自然という予測不可能なもの、そして困難に命がけで立ち向かう、男女の絆を表現した2人の演技には大注目です!

この映画を観て、快適な人々の暮らしのために危険を冒した先人たちの勇気を知ることができます。そして、空を見るときの気持ちも変わるはず。

今回この映画を観て、天気予報を「当たり前」と感じなくなりました。私たちの快適な暮らしがあるのは、彼らの相当な覚悟と勇気がなし得たものだと思うようになったからです。そして、気球に乗り、空の景色をこの目で見たいと思うようになりました。

今回はAmazonプライムで鑑賞しましたが、是非、大画面で迫力を感じたい! ハラハラドキドキさせてくるこの映画。皆さんもジェームズとアメリアと一緒に空の上を冒険を楽しんでみてはいかがでしょうか。

・合わせて読みたい→初めてのバーはここで決定! 映画をカクテルで味わう『八月の鯨』

(文/fumumu編集部・吉田あやの

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事