好きだったけど…「稼げる男性と結婚すればよかった」と後悔する瞬間

お金で生活に苦労するようになると、愛が怒りに変わることもあるようです。

悩む女性
(Sjale/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

世の中、お金が全てではありませんが、お金がなければ苦労することもあるでしょう。好きで結婚した相手だったとしても、不自由な生活の中でイライラが募り、離婚が頭を過ぎることもあるのだとか。

fumumu取材班が、「稼げる男性と結婚すればよかった」と後悔する瞬間について、既婚女性たちに詳しい話を聞きました。


①夫がボーッとテレビを見ている時

「特に稼ぎがいいわけでもないのに、家にいる間、ボーッとテレビを見ている夫を見るとイライラします。時間を持て余しているのなら、バイトでも掛け持ちして欲しいのが本音です」(20代・女性)


「稼げないなら、稼げるように努力すべき。子どもが生まれたら、尚更仕事を頑張ろうと思うのが男なんじゃないんですか。


テレビばかり見て、時間を無駄にしている夫が許せません。隙間時間を活かしてスキルアップに励むなど、もっと努力すべきです」(20・女性)


関連記事:結婚に経済力は必要? 既婚女性に本音を聞いてみた

②夫がサービス残業を断り切れなくて

「人がいい夫は、サービス残業と分かっていても断ることができません。休みの日だったとしても呼び出されれば仕事に行くし、残業をしても請求していないのだとか。


しかも、自分の車を使って仕事に行ったりしているのに、そのガソリン代すら自分で持っていると聞き、ドン引き! もっと効率良く働き、家族のためにちゃんと稼げる人と結婚するべきでした」(20・女性)


③仕事の愚痴を言い続ける夫を見て

「大した稼ぎもないくせに、仕事の愚痴を言い続ける夫も見ると、もっと稼げる人と結婚すればよかったと後悔せずにはいられません。転職するか開業するなど、前向きに考えられないものかと、いつもイライラしています」(20・女性)


「仕事の愚痴を言い続けながらも同じ会社で働き続ける夫は、『社畜』そのもの。嫌なことはキッパリ断ればいいのに仕事を辞める勇気もなければ、転職できる自信もないのでしょう。


現状を変えるつもりがないのなら、愚痴なんて言ってないで、もっと真摯に働くべき。稼げない夫には、心底ガッカリしています」(20・女性)


結婚相手を決める際には、参考にしたいですね。

・合わせて読みたい→「夫や妻の愚痴」聞かされる独身のツラすぎるエピソード

(文/fumumu編集部・志都

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

おすすめ記事