友達の幸せが祝えない…招待された結婚式に行きたくないときの対応3選

どうしても行きたくない結婚式はどうしたらいい?

NGを出す女性
(Gearstd/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

結婚式の招待が届いた…。何かしらの理由で行きたくないと思ってしまってる時、をうまく交わすための対応とは?

fumumu取材班は話を聞いてみました。


①縁の切れていい相手は放置

全ての結婚式に参加するほど私はイイ人じゃありません! ときっぱり言い切る女子。

「普段なら参加してあげたい祝い事だとしても、NOを突きつけることもあります。私が無理だったのは“略奪愛で結ばれたカップル”、“友情を簡単に捨てる”女子がNGでした。


私の場合だと、もう不参加なことが原因で縁が切れてしまっても良いと考えているので、電話だと『その日はどうしても参加できない』、はがき・手紙ならそのまま無視して放置しますね。


そのまま縁が切れてもいいや、と思う相手ならなんとなく…で参加しなくていいと思います」(20代・女性)


関連記事:103歳の男性が再婚 73歳年下のお相手に近隣住民は驚き

②結婚式の日程が被った

祝う気になれないような結婚式には、無理して行かなくてもよいかも。

「たまに連絡がきて、ほかの友人を交えて飲みの席にいる…くらいの関係の友人から結婚式の招待がきましたが、欠席を選びました。


結婚式って包むお金も、当日の美容院だったりお金かかりますよね。周りの友人には本音を話しましたが、本人には『親族の結婚式と日程がかぶる』という嘘をつきました。お祝い自体もせず、結局それっきり縁も切れましたが、それくらいの繋がりだったってことですよね」(20代・女性)


③仕事を抜けることができない

彼氏がしばらくいない女子は、正直友達のことを祝う気持ちが湧かず、行きたくないと思ってしまったとか。

「周りからどんどん結婚して幸せになっていく中、私は出会いもなく結婚できるありませんでした。なので友達から結婚の報告がくるたびに辛い気持ちに。


そんなときに友達から結婚式に来て欲しいと連絡がきました。正直行きたくない! 行かないことを納得してもらうためにどうしてもその時期は仕事を抜けることができないと伝えました。罪悪感は残りましたが、それほど友達が幸せな姿を見ることが苦痛だったのです」(30代・女性)


略奪愛や不倫で結ばれたカップルの友人を祝えない人は多いです。縁を切る覚悟がないのであれば、やんわりと理由をつけて断るのが良いのかも。

・合わせて読みたい→プレ花嫁の友人にイラッとした3つの瞬間! 意外とやりがちな言動も

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事