彼氏ができないときに見直したい…恋人の条件と好みの相違点とは

恋愛における理想と現実の違い…

願う女性
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「なぜ自分に彼氏ができないの?」と感じた時に見直したい、恋人の条件と好みの相違点とはなんなのでしょうか。fumumu取材班は話を聞いてみました。


①条件<理想

理想はあくまで理想で、それを条件にしてはいけません。

「彼氏ができないという友達に思うことですが、掲げている理想が高いんですよね…。恋人の条件というのはお相手に提示するもので、いたって問題はありません。


ですが、好みが潜在的に根強くあると、相違点“知らず識らず”のうちに高い理想を強調しているんですね。気をつけておくことは、外見面での理想は口にしないことです。彼にしかない良い面を見つけて、褒めると上手くいくことってありますよ」(20代・女性)


関連記事:一目惚れ最高! 付き合う相手は直観で選んだ方が幸せになれる理由

② 自分に合う=タイプではない

自分に合う条件はこれだと思い込んでいることって実はよくあります。視野を少し広げると、思いがけない自分の好みや恋のチャンスに気付くのかもしれません。

「いつも年上が条件になっていたわたし。でもバイト先の後輩やサークルの後輩などから慕われて、それが恋愛感情に変わり、告白されるということがよくありました。


自分は甘えるタイプだと思っていて『年上が合っている』と思い、年下の男子からの告白は断っていました。でも実は年下から慕われ甘えられるタイプなのかもしれません。そして私自身、飾らずにいられる。もしかしたら、年下のほうが合ってるのかも…?」(20代・女性)


③求めること=好みでもない

恋人の条件と好みが違っており、出会う人全てに好みと条件の両方を当てはめてしまって相手が見つからなかったという女子。友達に指摘されて恋人の条件と好みが違うことが発覚し…

「なかなか彼氏ができずに悩んでいました。恋人の条件は収入が高く、しっかりしていて真面目で自分のことを支えてくれる人でした。


でも、見直した時に『なによりも一緒にいて楽しい人』が第一条件で、収入面や支えてくれるかどうかはどうでもいい自分に気付きました。自分で勝手に恋人の条件を高くして良い人も避けてしまっていたのです。好みを大切にすることでその後素敵な彼と出会うことができました」(20代・女性)


条件と好みが一致しないとなると、なかなか自分に相手を見つけるのは難しそうですね…。

・合わせて読みたい→マッチングアプリで男子が「実際に会いたい」と思った女子5パターン

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事