しみけん、コンドームの正しい使用方法を伝授 これは女子も知るべき!

しみけんさんがコンドームの使い方をレクチャーしました。

(画像はたかまつななYouTube のスクリーンショット)

13日、AV男優のしみけんさんがYouTubeでコンドームの付け方をわかりやすく解説しました。


■実戦での付け方は教えてくれない

しみけんさんは、「美術の先生は絵の書き方は教えてくれても、絵の売り方は教えてくれない」というたとえ話で、コンドームの重要性を話しつつも、実際にどうつけるか教えてくれない課題を提示。

この動画を見て練習すれば、君もコンドームマスターだ!見るべし!」と、自ら動画で実戦での付け方を解説したことを告知しました。


関連記事:はあちゅう&しみけんが性教育に言及 「職業を子供にどう説明するか」

■コンドームをつけるコツ

お笑いタレントであり、お笑いジャーナリストの名を持つ、たかまつななさんのYouTubeに出演したしみけんさん。コンドームは端っこから開けるように指示します。

そして、男性器の模型にコンドームを装着し、「輪っかのちょっと上の部分を抑えて、下に降ろすんですよ」と解説。たかまつさんが試しにつけてみたところ、しみけんさんの採点は70点…!よく見ると、上の液だまり部分が少し浮いていました。

(画像はたかまつななYouTube のスクリーンショット

そこで、しみけんさんがつけ方をレクチャー。その前に…! 財布に入れて持ち歩く人に対して、擦れて劣化するため持ち歩きには注意がいることを教えます。

実際に使う際には、コンドームには裏と表があるため、輪っかを触ってぐるぐると下がって来る方が正しい方(裏)を確認します。もし持ち間違えてつけてしまった場合には、すでに性液が付いている危険性があるため、妊娠リスクも考えて、新しいものに買い換えた方が良いとのこと。

そして、端っこの液だまり部分は摘んで空気が入らないように、男性器に装着。そうすることで破れにくくなり、妊娠リスクを下げることができます。このままグイグイと一方通行で降ろしてしまう人もいますが、薄いコンドームは輪っかの部分が必ず噛んでしまうため、輪っかのちょっと上の部分を抑えて下に降ろすのがコツとなるようです。

(画像はたかまつななYouTube のスクリーンショット)

■コンドームの外し方

つけるだけでなく、外すの際にも注意が必要。射精した後、すぐに男性器を膣から抜いて、コンドームをはずして捨てる必要があります。

そのままハグしたいカップルも多いでしょうが、ずっと挿入したままだと萎えて来るため、隙間ができて、そこから精子が漏れてしまう。すると、病気の感染や妊娠の危険が高まります。勃ってるうちに男性器を抜いて、ハグするようにしましょう。これは、女性側もきちんと覚えておきたいですね。

また、男性に「性病検査いつ受けました?」と聞くのは全然アリ、としみけんさん。外国だと当たり前のことで、新しく付き合うときに性病検査票を見せ合う文化を説明しました。

しみけんさんはコンドームについて「男がつけるもの」と説明していますが、女性も自分自身を守るために、コンドームの知識をつけることは必要ですよね。「女子につけてほしい…」という密かな願望を持つ男子も多いようなので、気分を盛り上げつつ、安全性を図れたらいいですよね。

・合わせて読みたい→はあちゅう、夫へのプレゼントで「これ、すげー!」と興奮したものは…

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!