動物アレルギーの恋人が家に来る…来訪が避けられないときの対策

動物アレルギーの彼を家にあげるときの対策は?

猫と女性
(Nattakorn Maneerat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

動物アレルギーの恋人がいるけど、ひとり暮らしでペットのいる女性の場は、どんな心得が大切になってくるのでしょうか。

fumumu取材班は工夫を聞いてみました。


① 清潔感を保てば問題ない人も

ほんの少しの創意工夫で高そうに見えたハードルも低くできます!

「僕の彼女は、動物アレルギーを持っていますが、話し合いの末、問題をクリアして無事お家に招待できました。飼っているのは猫ですが、彼女の場合は毛に、体にさわることがなければ問題がないタイプでした。


ケージは必須で、彼女に触れないように配慮はおこなっています。


また、安価なものじゃなく、少し高価な空気清浄機をあらかじめ用意しておくと、スッキリとした空間を提供することができます。加えて、より一層の清潔感を心がけて清掃もこまめにしておくと、カップル間での喧嘩も防ぎやすいですよ」(20代・男性)


関連記事:ローラなども訴えてきた課題が悪化 改正動物愛護法が6月に施行

②猫の生活スペースと分ける

恋人がちょっと家による…そんな時は、みんながストレスをなるべく感じず過ごす方法を考えてみましょう。

「家にあげようとした時に、彼が猫アレルギーであることがわかりました。悩んだ末、わたしが徹底的に綺麗に掃除をすること、猫の毛の手入れをすることにしました。猫も、私の部屋から絶対に出さないよう、いつも気をつけてみることにして、毛が舞わないように…。


彼が在宅している時は猫を大きめのゲージの中に入れて動物の可動域を制限して過ごすこともたまにあります。彼と猫がなるべくストレスを感じず共存していけるように努力を忘れないように心がけています」(20代・女性)


③空気清浄機やカメラなどの道具

ペットを飼っていたところ、恋人の動物アレルギーが発覚! ペットを手放すことはできないので、一人暮らしの生活も、とても気を使う毎日が始まったとか。

「動物と一緒にいると痒くなったり、息苦しさを感じる動物アレルギーの彼が私の家に上がるには空気清浄機は欠かせませんでした。


基本的にはペットは別室。広めの部屋をペット専用にしてカメラをその部屋に付けてみていました。全て自分でやるとストレス過ぎますよね。道具に頼るのも大事です。


ペットの毛が舞わないようにいつもコロコロをかけていました。できる限り毛が舞わないようにすることと空気清浄機があることで彼のアレルギー反応は最小限に抑えることができています」(20代女性)


彼のアレルギーについて、医者などに一度詳しく聞いた上で、どうすることが最適か、家に上げても問題ないのか聞いてみましょう。その上で、できる対策を練って行くのが良さそうです。

・合わせて読みたい→もう寂しくない! 一人暮らしでも飼いやすいペット5選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事