レズビアンが彼氏持ちの人を略奪しようとは思わないワケ

レズビアンは滅多に彼氏持ちに手を出さない?その理由を伺いました。

悩む女性
(cindygoff/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏や彼女を奪われる「略奪愛」。経験してショックを受けた人もいると思います。しかし、不思議とレズビアンの人は彼氏持ちの人にあまり手を出さないそう。fumumu取材班は、詳しく話を聞いてみました。


①男には勝てないという引け目

「うまく説明できないけれど、本能なんですかね。たとえ、彼氏持ちのその子がバイであったとしても、手を出そうって思えない女性は多いんですよ。何となく、男には勝てないっていう引け目があるんです。


異性愛の方が自然だっていう劣等感があるのかもしれないし、私たちだと結婚できないしっていう思いもあるかもしれませんね。ゼロではないけれど、彼氏持ちに手を出す人はいなくて、それでも略奪しようとする人はよっぽど自分に自信のある子なんだと思います」(20代・女性)


関連記事:“バイとレズビアンの中間“みたいな人がいる? 話を聞いてみた

②相手のマイノリティがわからない

「バイも、男性と付き合っている時は傍目から見るとごく普通のマジョリティに見えるんですよね。それがある意味羨ましくもあったり(笑)。


とにかく、その子が『バイです』なんて自ら公言していないと、そもそも自分に勝機が1%でもあるかってわからないし、突撃しちゃう方がリスクなんですよ。


特に、恋人募集中なら自分のマイノリティを明かして受け入れ態勢の人もいるけれど、彼氏ができたらいう必要がないから、すごく見えにくいと思うんですよね」(20代・女性)


③レズビアン同士ではある

「レズビアンを自認している女性がみんな、略奪愛を好まないわけじゃないけど。女性と付き合っていれば、確実に相手は女性を恋愛対象としてみれるから、略奪する人はこの界隈にもいます。


逆に、女性と交際しているからこそ、『あの人は絶対にレズビアン』っていうことがわかっているからこそ、恋愛をしたいと思っている人があえて狙うっていうこともあります。女性の本質は異性愛者だろうが、同性愛者だろうが変わりませんね。どっちでも、そういう人は一定数いるってことです」(20代・女性)


略奪する人もいるようですが…様々な側面から手が出しにくい状況にあるようですね。

・合わせて読みたい→セクマイを理解しているつもりで…悪気なく傷つけてしまう言葉

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事