セクマイへの気遣い大事! 恋愛対象外から告白された時のマナー

自分が付き合えない性の人から告白されたときの断り方を伺いました。

悩む女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ある時突然、親友だと思っていた人から告白されたり、同性やトランスジェンダーの人から告白されたりすることがあるかもしれません。それだけ、LGBT+の人というのは至る所に存在します。

自分の恋愛対象外の性の人から告白されたら、びっくりしたり、なかには否定的な感情になってしまう人もいるかもしれません。ですが、相手も一人の人である以上、できれば気を使った断り方ができれば良いものです。

そこで、fumumu取材班は自分の恋愛指向や、性的指向にそぐわない相手から告白された時のマナーを伺いました。


①その人のマイノリティは受け入れる

「僕はゲイなのですが、だからこそノンケと思われる人と告白して付き合えると思っていません。付き合えればいいなとは思うけれど、現実なかなかうまくいかないことを知っているからです。


でも、もしかしたらということがあるかもしれないし、自分をごまかせないから告白するんですね。そこで『お前ゲイなの、うええ』みたいな反応をされると深く傷つきます。


付き合ってくれることまで望んでいないので、もしダメであっても『ああ、そうなんだ。でも僕は男性とはそういう目で見れないから』と断りつつも、ゲイの自分は受け入れて欲しいです。そして、できることなら、そのまま友達でいて欲しいです」(20代・男性)


関連記事:ノンケでも? 付き合っても良いと思ったゲイセクシャルの特徴

②よく考えて答えを出す

「できれば条件反射で答えて欲しくないな〜っていうのが本音。前に告白して、1日待って欲しいって言われて。


このままフェードアウトされるのかな…なんて思っていたら、彼女なりに真剣に考えて『あなたと付き合う想像をしてみたのだけれど』とどうしてもダメだったことを伝えてくれました。結果は断られたけれど、真剣に考えてくれたのだと思うだけで救われました」(20代・女性)


③相手のマイノリティはバラさない

「告白するってことは、自分がどういう性的指向で、どういう恋愛指向でっていうこともセットで話すと思うんです。でも、それって告白する上で必要だからいうだけで、誰もがオープンにはしていないんです。


だから、告白することで知り得た情報は、外には漏らさないで欲しいなと思いますね」(20代・女性)


断る場合も、できるだけ相手を傷つけずに済むといいですね。

・合わせて読みたい→はっきりマイノリティを自認できない…どこか違うと思っている人たち

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事