同性恋愛をする人が使う「ネコ」「タチ」「バリ」などの意味とは?

同性愛者が使う専門用語について伺いました。

LGBT
(sakkmesterke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

レズビアンやゲイセクシャルなど、同性と恋愛をする人は、「ネコ」や「タチ」あるいは「バリ」といった用語を使います。

なんとなく気になる人も、たまたま親しい人に告白されて初めて同性と付き合うことになったような人もいると思いますが、fumumu取材班はこれらの用語を聞いてみました。


①抱かれる側の「ネコ」

「してもらう方、表現があってるかわからないけれど奉仕される…みたいな感じがネコです。つまり『抱かれる』と表現される側です。必ずしも強そうな人に抱かれるというわけではなく、見た目はグイグイいきそうない人でもネコだという人もいます。


でも、必ずしも女性っぽいフェムだからネコというわけではありません」(20代・女性)


関連記事:両思いを望まない? リスロマンティックの特徴3つ

②抱く側の「タチ」

「ガンガン、相手の気持ちいいところをついて攻めていくのがタチです。ゲイだと、お尻にモノを入れられるのが嫌…という人もタチだったりします。


『どっちでもいける』『合わせられる』という人は“リバ”と言います。リバでも好みはあるので、ネコ寄りのリバやタチ寄りのリバなど様々です」(20代・男性)


③ポジションを変えられない「バリ」

「ネコもタチも、お互いにポジションが噛み合ってないとエッチが難しいですよね。でも、好きになった人とのポジションが必ずしも違うわけではありません。だから、リバではない人も、パートナーに合わせることがあります。


ここで『絶対変えられない、無理、しんどい』という人もいます。そういう人は『バリ』という言葉を使います。例えば、『バリタチ』とか。そう言われたら、この人はタチしかできないので、大体譲歩できる方が合わせるようになると思います」(20代・男性)


ちなみに、「“バリタチ同士”“バリネコ同士”とかならどうなるんですか」と聞いてみたところ、「あ…どうなるんだ…」とちょっと困惑気味でした。譲れない同士のエッチは難しいのかも?

・合わせて読みたい→西山茉希、元夫の誕生日に手作りケーキを披露 「ブサイクなケーキ…」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事