“バイとレズビアンの中間“みたいな人がいる? 話を聞いてみた

バイとレズビアンの間あたりを自認する女子に話を伺いました。

女性の足
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

セクシャルマイノリティの中には、「バイだけどほぼレズビアン」「女性寄りのバイ」など曖昧な表現をする人がいます。

そこで、fumumu取材班はそう答える理由を聞いてみました。


①親しい男友達だったらいい

「基本的には女の子が好きです。でも、男友達に告白されたらアリだなって思うんです。自分から積極的に男性と恋愛しようとは思いませんけれどね。


レズビアンなら、完全に男性と交際や性的な接触が無理だと思うので、私は緩めのレズビアンなのか、女性を好きになりやすいバイなのだと思います」(20代・女性)


関連記事:どっちも好きになるけれど男性とエッチできない…BかQかで悩む女子

②中性的な男子だけOK

「私は自分自身、ずっとレズビアンだと思ってたんですよ。でも社会人になって、すごく中性的な男性にあったんです。最初は友達として仲良くしてたけれど、気づいたら好きになっていて、『あれ? 自分ってバイだったの!?』と思いました。


これまで4人の女の子と付き合ってきましたが、男性を好きになったのは初めてのことでしたね。『これは今しかないのでは!?』と思い、ぐいぐい押して、その男性と結婚しました(笑)」(20代・女性)


③男性恐怖症のバイ

「昔は普通にバイだったのかもしれません。ゆるふわな女の子がめちゃくちゃ好きだったので、それも定かではないんですけれど…。中学生に入ってすぐ、男性にまつわるトラウマができてしまったので、男性恐怖症になってしまったんですよね。


それでも、遠目から見て『素敵だなあ』と思える男性はいるので、今は男性と付き合ったり近づいたりすることが全く想像できないけれど、やはりバイなのだと思います。付き合えないから気持ち的にはレズビアン…。


性的指向や恋愛指向って、理屈的に可能かどうかなのか、気持ち的に可能かどうかのどちらで取ればいいんでしょうね?」(20代・女性)


白黒はっきりしない人も多いから、クエスチョンのようなマイノリティもあるのでしょうね…。

・合わせて読みたい→トランスジェンダーってどっちの性を好きになるの?

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事