正月太り対策は今から! 無理なく体型維持する方法5選

体型維持の秘訣は、日頃からの予防一択! ダイエット経験者たちに詳しい話を聞きました。

ダイエット
(George Doyle/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

クリスマスや忘年会、お正月など、年末年始は誘惑が多く、飲み過ぎや食べ過ぎが原因でうっかり太ってしまった…という経験がある人も多いのでは?

ダイエット経験者の女性たちに聞いてみると、増えてしまった体重を元に戻すのは難しいため、そもそも太らないように、日頃から予防することがポイントなのだそう。

fumumu取材班が、無理なく体型維持する方法について、詳しい話を聞きました。


①毎朝体重を測り記録する

「私は毎朝体重を測り、前日からの増減をチェックしています。1日で急に何キロも太ることはないので、仮に体重が増えていたとしても太り過ぎる前に予防ができますよ。


また、記録を付けることで体重が増える原因に気付きやすく、今後の対策にも役立てられます」(20代・女性)


関連記事:太りにくい体質だけじゃない! ダイエット経験のない人たちに聞いてみた

②露出の少ない服装を避ける

「体型をすっぽりカバーできるような、露出の少ない服装はしないようにしています。


脚が見えるスカートを履くだけでも周囲からの目線が気になり、否が応でも体型維持のモチベーションが上がります」(20代・女性)


③一人でお酒を飲まない

「一人だとつい飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまうので、お酒を飲むのは外出した時や誰かと一緒にいる時だけと決めています。


ノンアルコール飲料を活用すれば、無理なくお酒離れができますよ。結果、相対的に飲む量が減り、以前に比べて体が軽くなった気がします」(30代・女性)


④寝起きに白湯を飲む

「毎朝、寝起きに白湯を飲むのが日課です。『白湯を飲むと胃腸の活動が活発になり、排便を促す効果がある』と、以前、雑誌で読んだことがあるので。


老廃物を溜めないようにするのも、体型維持で大切なことだと思います」(20代・女性)


⑤毎日1万歩歩くのを心掛ける

「私は、毎日1万歩歩くのを心掛けています。具体的な数値目標があった方が体を動かしやすいし、目標達成のために努力もしやすいので。


エレベーターやエスカレーターを使わないようにするだけでも、案外歩数を稼ぐことができオススメです」(20代・女性)


正月太りはしたくないと思っている人は、参考にしてみてもいいかもしれません。

・合わせて読みたい→体重のことで喧嘩! 「痩せる、痩せない」で別れると言う彼氏の対処法

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事