仕事で成功するにはどうすればいいの? ポイントを聞いてきた

仕事で評価をされるために、意識したほうがいいことを聞いてきました。

考える女性
(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「仕事で評価されたい」「もっと仕事で成功したい」 そう思っても、具体的にはどうすればいいのでしょうか? 仕事でなにかしらの成果を出した人に、なにか共通するものはあるのでしょうか。

今回は、納得のいく仕事をするために、意識したほうがいいポイントを聞いてきました。

①情報を人と共有する

「仕事を人に取られないように、自分だけで進めたり、周りに情報を隠す人もいますけど、情報をいろいろな人と共有するほうが、仕事が成功する確率は上がるような気がします。


自分が知らなかったやり方を教えてくれたり、気がついていなかった問題点を指摘してくれることもありますから。この情報社会で、すべての情報にアクセスするのなんて無理じゃないですか。


自分ひとりで知識を付けようとするより、知識を持っている人の意見を参考にしたほうが、ずっとスムーズに進むことも多いですよ」(20代・男性)


関連記事:芯が強い人の「ステキだな」と思った行動3つ

②基本をおろそかにしない

「なにかで成功したいなら、まずは基本的な土台をしっかりと作るべきだと思います。基本問題ができていないのに、応用問題は解けないですよね。


基礎の勉強ってとても単調なことが多いし、飽きてしまいそうになるけど、そこができていないと絶対にいつか壁にぶち当たると思いますよ。


新人のときに疑問を無視して、なんとなくでやってしまうと、年数が経ったときに『今さら質問はできない…』となってしまうこともありますから。基本に関わることができているうちに、ガッツリ勉強したほうが後々の自分のためです」(20代・女性)


③失敗を無視しない

「失敗したことって、恥ずかしいし情けないし忘れたくなりますけど…。その失敗を忘れてしまうと、同じことを繰り返してしまうかもしれないから。


どうして失敗してしまったのか、失敗を繰り返さないためにはどうしたらいいのか、ちゃんと考えたほうがいいです。自分の失敗を認められないままだと、周りからも見限られてしまうと思いますよ。


失敗したことに対して言い訳ばかりする人より、思いっきり落ち込んで、それでもがんばっている人のほうが、周囲も応援したくなるものですよね」(20代・女性)

失敗していちばんガッカリしているのは自分ですから、つい目をそらしたくなりますよね。

それでも、無視したくなる気持ちをぐっと我慢して、真正面から向き合えたなら、さらに成長できるかもしれないですよ。

・合わせて読みたい→仕事でミスを連発…失敗を防ぐにはどうしたらいい? 会社員に聞いてみた

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事