早く会いたい…付き合う前にLINEしてしまう男性の心理とは?

女性は言葉の裏の意味を考えがちですが、男性の思考や行動は意外とシンプルなのかもしれません。

(yanjf/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

気になっている男性から「早く会いたい」とLINEが届いたとき、本気なのか冗談なのか分からずに悩んでしまうこと、ありますよね。

「脈ありかも?」と期待してしまう反面、勘違いだったら恥ずかしい思いをすることも…。

そこでfumumu取材班が、付き合う前に「早く会いたい」とLINEしまう心理について、男性たちに詳しい話を聞きました。


①一緒に過ごした時間が楽しくて

「気になっていた女性と初めて二人で食事に行ったら、とても楽しくて。こんな気持ちになったの、本当に久しぶりです!


また会いたい、早く会いたい…と思って、次の日には『早く会いたいです』とLINEしてしまいました」(30代・男性)


関連記事:好きを見逃さないで! 男子が送る「脈アリLINE」3つのサイン

②「好き」と言えなくて

「告白する勇気はないけれど、彼女のことが好き。この気持ちを分かって欲しくて、『早く会いたいですね(笑)』とLINEしました。


(笑)を付けるのは、拒否られるのが怖いから。冗談半分で言っているのではなく、冗談で済ませられるように逃げ道を確保している自分がいます」(30代・男性)


③次のデートが待ちきれなくて

「自分の仕事の都合上、次に彼女と会えるのは4ヶ月後。会いたくてもすぐには会えない…そんなもどかしい気持ちから、彼女には毎日、『早く会いたい』とLINEしています。


会える日が早まるわけではないですが、会えない間、僕のことを忘れないでいて欲しいので。4ヶ月間お互いに待つことができたら、次のデートで告白するつもりです」(30代・男性)


④女性の反応を伺っている

「『早く会いたい』とLINEして、脈があるのかないのか、女性の反応を伺っています。付き合いたい気持ちは山々ですが、30代にもなって告白してフラれるのは耐えられないので。もちろん、『私も早く会いたい』と返信があるのを期待していますが。


大人になると、フラれる方の気持ちを配慮して直接的な言い方を避けがちですが、やんわり言われるのも辛いものです。『からかわないでください』とか『社交辞令でも嬉しいです』なんて返信があると、正直落ち込みます」(30代・男性)


「『早く会いたい』なんて、好意がなければ言わない」と、男性たち。

彼氏募集中の女性は、男性の脈ありサインを見逃さないようにしたいですね。

・合わせて読みたい→どうにかしたい…男子が女子の気をひくために送る脈ありLINE

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!