ホラー苦手女子がホラー映画の金字塔『シャイニング』を観た結果

現在続編の『ドクター・スリープ』が公開されているホラー映画『シャイニング』をホラー苦手女子が見た感想レポート。

シャイニング
©WARNER BROS

ホラー映画の金字塔といわれる映画『シャイニング』。39年前、1980年代に公開されてから今もな絶大な人気を誇っているホラー映画です。割れた木のドアの隙間から血走った目をした男の人がのぞき込んでいるポスターが有名ですよね。

原作は『IT/イット』、『ショーシャンクの空に』、『スタンド・バイ・ミー』の原作者であるスティーブン・キング。監督は『2001年宇宙の旅』、『時計じかけのオレンジ』を手掛けたスタンリー・キューブリックです。

最近、『ジョーカー』や『IT/イット』を見てホラーが克服できるのでは? と実感しているホラー苦手女子であるfumumu編集部記者。先週、NHKBSの放送を見ました!


■『シャイニング』のストーリー

そもそも『シャイニング』はどんなストーリーなのか。豪雪のため、冬の期間だけ閉鎖されるオーバールック・ホテル。しかし、このホテルはタダのキレイなホテルではありません。以前、精神に異常をきたした管理人が自分の妻や娘を惨殺し、自分も自殺していしまうという残酷な事件が起こったワケありホテルだったのです。

そんなホテルに小説家志望のジャック、その妻のウェンディ、そして息子のダニーが新しい管理人一家としてやってきます。街から完全に離れ、外の世界とは隔離されているこのホテル。冬の期間はホテルが閉鎖され、3人以外の人は1人もいません。

最初は穏やかで楽しく暮らしていたダニー一家でしたが、そのような生活は長くは続きませんでした。「シャイニング」という超能力のような特殊な力を持つダニーはホテルから感じられる邪悪な気配に気が付き始めました。そして、ずっと執筆活動をしていた父親が少しずつ狂い始め、しまいには家族たちに襲い掛かってくる―というストーリーです。


関連記事:ホラー苦手女子が金ローで映画『IT/イット』に挑戦した結果

■思ったよりはグロくはない

見る前は、とにかく血だらけでゾンビやお化けがたくさん出てくる映画なのかな…とビクついていました。しかし、実際は…

確かに、人が殺されて血を出したり、エレベーターの中から大量の血が流れてくる場面はあります。体が腐敗した老婆が出てくる場面もあります。しかし、『IT/イット』に比べたらまだかわいいもの。視覚とか血の恐怖よりも、呪われたホテルのせいで狂いまくった父親・ジャックの鬼行の方が怖い印象を受けました。

作品を観たことがない人も、GUのコラボTシャツにもなっていた”水色のワンピースを着た双子”や、芸能人たちがモノマネをしていた”ドアの切れ目から顔を覗き込む父親”の場面は、目にしたことがあるのでは?

このシーンは「怖い!」というよりも「ああ、こういう場面で出てくるやつだったのね!」と事実確認をしていました(笑)。怖いのイヤだな、でも『シャイニング』を見てみたいなと思う方は、名場面の写真や芸能人のモノマネ投稿を見てから映画を見て、元ネタを確認するようなスタンスでいくと怖さが半減するのではと思います。


■お父さんよりお母さんと息子の方が…

父親のジャックが相当ヤバイこの映画。しかし、筆者は父親よりも母親の顔に注目してしまいました。ダニーの母親・ウェンディは、細くて、背が高く、スラッとしたルックスの持ち主。目は大きく、色が白く、美しい人です。

しかし、狂った夫にどんどん追い詰められていきます。その時、叫んでいる妻の顔が夫の顔よりも怖い。大きな目をさらに大きく開き、全力で叫んでいます。この時、監督に何テイクもやり直しさせられ、罵声をあびせされたため、最終的には本当にブちぎれた顔になっていたんだとか。あの顔は女優さんが極限に追い詰められた顔だと思うと、あんな表情になってしまうのも納得です。

さらに、夫から身を守るために刃物を振り回す母親。愛していたはずの夫を閉じ込めたりと容赦はないです。「どっちも狂っとるやんけ…」とツッコミをいれたくなりました。でも、愛する人が急におかしくなってしまって、自分たちを殺そうとしてきたら…。もう夫婦愛というよりも、自分の身を守るので必死か…。

息子・ダニーが「シャイニング」の力を使い、恐ろしい映像を見るダニー顔にも注目! 目を見開いて驚いている様子、小さな子供からこんな表情が…と演技力の高さに脱帽。母と息子がどんな表情をしているのか、気になった人は是非チェックしてください!


■続編が公開中!

現在、この『シャイニング』の40年後を描いた『ドクター・スリープ』が公開されています。

View this post on Instagram

すべては彼から始まった―!⠀ 『#イットtheEND』『#ドクタースリープ』公開記念✨⠀ 巨匠“スティーヴン・キング”原作映画&ドラマ6選🎥⠀ ⠀ 6選で最後は、世界的名作ホラーの続編とその原点をご紹介🎬👍⠀ ⠀ ▼『シャイニング』(1980年公開)⠀ 過去に管理人が家族を惨殺する事件が起きたホテルに、作家志望のジャック一家が管理人としてやってくる。息子ダニーは自身が持つ不思議なチカラ「シャイニング」の影響で様々な“怪異”に出くわす…!⠀ ▼『ドクター・スリープ』(大ヒット公開中)⠀ 幼き日の惨劇を経験し、そのトラウマによって人を避けるように暮らしているダニーは、同じ“シャイニング”のチカラを持つ少女アブラと出会う。そして謎の児童失踪事件を知るアブラと共に、ダニーは再び“呪われたホテル”に戻ることを決意する――。⠀ ⠀ 【オススメ鑑賞POINT】⠀ 『シャイニング』の代名詞“ジャック・ニコルソンの顔をのぞかせる名シーン”はモチロン、次々と巻き起こる怪奇現象は『ドクター・スリープ』でも健在✨⠀ ⠀ #映画⠀ #映画鑑賞⠀ #MOVIE⠀ #ワーナー映画⠀ #cinema⠀ #スティーヴンキング #シャイニング #ドクタースリープ⠀ #名作 #洋画好き #洋画⠀ #おすすめ映画⠀ #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい⠀ #Stephen King⠀ #ilovemovie #1980movie #2019movie⠀ #movielife #favoritemovie

A post shared by ワーナー ブラザース ジャパン (@warnerjp_official) on

40年前、なんとか父親に殺されず、母親と命からがらホテルから脱出することができた幼いダニー。しかし、そのトラウマから大人へと成長した彼は、人を避けるようになり、孤独に暮らすようになってしまいます。

今回、ダニーと同じ「シャイニング」の能力を持つ少女との出会いがきっかけで、あのおぞましいホテルへダニーは再びたどり着きます。あらすじだとなぜ父親が狂ってしまったのか、ホテルの謎が明らかになるとのこと。

ちなみに40年後のダニーを演じるのは人気英国俳優のユアン・マクレガー! 去年公開された映画『プーと大人になった僕』では、大人になったクリストファー・ロビンを演じていました。心に深すぎる傷を負ってしまったダニーをユアンがどう演じるのかも注目ポイントです!

・合わせて読みたい→ゆりやんレトリィバァのポールダンス動画「単純に凄い」「感動」と絶賛

(文/fumumu編集部・吉田あやの

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!