親との決別も…トランスジェンダーがツラかった場面3つ

トランスジェンダーが陥りやすい辛い場面とは?

LGBT
(taa22/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

トランスジェンダーは、過去に辛い経験をしている人が少なくありません。今回、fumumu取材班は「もう割り切った」と話す当事者に、辛かった場面を詳しく伺いました。


①制服を強要されること

「僕は生物学的には女ですが、小4から心の性が男であることに気がつきました。でも、当時はあまりトランスジェンダーへの理解もなかったから、女の子の制服を着せられていました。


下着ひとつでも、『なんでこんなもの』『でも身体特徴的に仕方ないし』って悩んだし、スースーするスカートは不快感でいっぱいでした。男性の制服を身に纏うクラスメートを見て、なんで自分は女として生まれてしまったのだろうといつも思いました」(20代・男性を自認)


関連記事:しばらくいいや…トランスジェンダーが恋愛疲れしてしまう理由

②トイレや温泉が気になる

「見た目が女性ですから、男性トイレに入るわけにはいきません。でも、女性トイレに入るのも気恥ずかしい思いがしたし、心が男なのに…と思うと申し訳ない気がして…すごく罪悪感を感じてしまいました。


そういうのに悩んでしまうのも、『なんでトランスジェンダーなのだろう』と考えるきっかけになりました。温泉も自分の場合は家族風呂以外いけなかったです」(20代・男性を自認)


③親との決別

「実はトランスジェンダーに多いのではないかと思いますが、親に自分のことを伝えるかどうか、どう伝えるかで困ってしまうんですよね。世代もあるので、『自分は男性です』なんて言っても理解されにくいだろうし、仰天されそうじゃないですか。


それでも女と偽っていくのはしんどかったし、さすがに限界も来ていたので、親にその話をし、性転換したいことも伝えました。結局、理解されず勘当して縁を切られました。それほどに理解されないのでそれまでのことなのですが、家族なだけに当時は絶望しましたね」(20代・男性を自認)


セクシャルマイノリティが浸透し、多様性が認められることで辛い思いをする人が少なくなることを願っています。

・合わせて読みたい→トランスジェンダーってどっちの性を好きになるの?

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事