デミセクシャルはパンセクシャル的要素もある? 話を聞いてみた

デミセクシャルにはパンセクシャル的な要素があると話す人も。詳しく伺いました。

悩む男性
(allensima/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

他者に対して恋愛感情や性的欲求を抱きにくいと言われているデミセクシャル。はっきりとは明らかになっていないものの、憧れや友情といった絆など、強い感情が芽生えた相手に対してのみ、恋愛感情や性的欲求が抱くと考えられています。

その当事者が、性の分類に適合しない人々や、あらゆる人々に恋をするパンセクシャル的な要素もあるのではないかと話ししてくださいました。そこで、fumumu取材班は詳しく話を伺いました。


①セクマイを受け入れることができる

「親友など、とても大切な相手にのみ惹かれます。何よりも関係性が大事だから、たとえその人が、『実はトランスジェンダーなんだ』と告白してきたとしても、『女装が趣味なんだ』と告白してきたとしても、『ああ、そうなの』で終わると思います。


どのような恋愛指向・性的指向があっても、引いてしまうことはありません。だからか、不思議と僕の周りにはセクマイの人が集まってきます」(20代・男性)


関連記事:似ているようで違う! パンセクシャルとバイセクシャルの違いって?

②性別などが恋愛感情を阻まない

「たとえどのようなセクマイを自認していても、それはその人の個性で、好きにならない理由にはならないんですよね。


パンセクシャルも、全人類が恋愛対象…なんて言われますが。その人の個性を認め、多様性があることを受け止めるためだと考えられているようなので、恋愛対象に幅はあれど、パン的な考え方がデミにもあるのではないかと思います」(20代・男性)


③どのセクマイともエッチができる

「僕は以前、男性に恋愛感情を持ったこともあるのですが、その人と価値観が合い、お互い大切にしあえる関係性にあったからでした。


実は、以前に夢でその男性とエッチする夢を見たことがあります。僕は起きたときに、びっくりしてしまったのですが、不思議と不快感はなかったんです。


男性と交際する機会がないので、実際にエッチしたことはないのですが、男性とエッチもできると思います。多分、男性・女性でくくれない人たちとも、恋愛感情があればできると思います。これも、パンセクシャルと同じですね」(20代・男性)


確かに、パンセクシャルの特徴もありそうな印象を受けますね。

・合わせて読みたい→トランスジェンダーってどっちの性を好きになるの?

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事