どっちも好きになるけれど男性とエッチできない…BかQかで悩む女子

恋愛指向と性的指向が一致していない人に話を伺いました。

ベッドで悩む女性
(bunditinay/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋愛指向や性的指向は必ずしも一致するものではないという声があります。ですが、その考えがあまり浸透していないからこそ悩む人も…。

fumumu取材班は、B(バイ)かQ(クエスチョン)かで悩んでいる人に詳しく話を聞いてみました。


■恋愛対象はどっちも

「私は、女性も男性も好きになるので、バイなのではないかと思ったこともあります。でも、バイを自認する前は、『女性は男性とお付き合いするもの』と思っていたので、男性とばかり付き合っていました。


当然、ハグをしたり、キスをしたり、冗談っぽくイチャイチャしたり…そういう甘い時間も過ごしていました。私はそれに幸福感を覚えたのは間違いありません。その後、女の子を好きになることもありました」(30代・女性)


関連記事:“バイとレズビアンの中間“みたいな人がいる? 話を聞いてみた

■男性とのエッチを受け付けない

「当時付き合っていた彼氏が真剣な顔で『そろそろしたい…』と言ってきたときに、自分のマイノリティの自認が変わりました。付き合って数ヶ月。確かに周りからもそういう話を聞くので、おかしくない時期です。私も勿体振るようなことはないので、応じました。


でも、いざエッチをするとなったときに、なぜか気持ち悪くなってしまい、彼を突き放してしまったんです。彼を好きなことは間違えありません。性的なトラウマもありません。でも、本能が拒絶してしまいました。


つまり私の恋愛指向は女性・男性にあるけれど、性的指向は男性にはなかったのです。そのことに、この一件で気がつきました」(30代・女性)


■性欲が湧かないならバイではない?

「恋愛指向だけを見れば確かに私はバイです。でも、性的指向まで目を向けたときに、自分はバイかと聞かれたら、『そうです』とはっきり言えなくなってしまったんです。それ以降、私はクエスチョンを自認しています。


また、必ずしもそうではないとは言え、やはり男女の関係は基本的にエッチが伴うもの…という認識があると思うので、女性としか交際しなくなりました。それでますます、自分はバイから遠ざかったような感覚がしてしまっているのです」(30代・女性)


以前、恋愛指向は男性、性的指向は女性に向いている男性に話を伺いましたが、恋愛指向と性的指向が一致しないというのは、事実として存在するのでしょう。

もし、それぞれを分けて考えるのだとすれば、この女性は、恋愛指向がバイであり、性的指向がレズビアンなのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→トランスジェンダーってどっちの性を好きになるの?

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事