山梨・清里は絶賛紅葉シーズン! 食べ物も豊かで満たされる…

山梨・清里へ紅葉と食事を楽しみに行ってきました!

■モスバックは自然派におすすめ

ランチは『モスバック』へ伺いました。メニューは主にきのこ・イワナ・鹿が中心。定食は800円〜2,000円でいただくことができます。

ここで出される料理は、店主が自前で取ったものばかりなので、いつもメニュー全てが揃っているわけではないのだとか。このときは冬のせいか、きのこ料理のみでした。そこで、「キノコご飯」(800円)を注文。肉厚のキノコがこれでもか…というくらいに入っていました。

「肉が最高に美味しい」という話を事前に聞いていたので、持ち帰り用に「ベーコンの燻製」(1,000円)も購入。

肉が固めで味がしっかりしていて、市販では食べれない味が口の中にいっぱい広がりました。

(撮影:青木一真)

店主も気さくな方で、オススメのスポットを教えてくださっただけでなく、葉っぱのしおりのプレゼントまで…。

料理を待つ間、10年間撮りためていた写真を見せてくださったのですが、帰りにはメールアドレスを交換し、今後撮影したものも配信いただくお約束をして別れました。


関連記事:豊洲もコロナで大打撃? 三ツ星ホテルに約3,500円で宿泊した結果…

■日野水牧場では羊を見ながら…

日野水牧場では、ファームランチ(具沢山スープ・サラダ・パン・ジャムのセットで1,500円)を注文。スープは名前にふさわしく、新鮮な野菜がゴロゴロと投入されています。

デザートのお手製「プリン」(400円)は甘さ控えめで、大人向けの上品な仕上がりです。

(撮影:青木一真)

外では羊が放し飼いされていて、人懐っこいので触ることもできます。この時期は、羊の毛で編んだ首巻きも10,000円ほどで販売されていました。

(撮影:青木一真)

秋は紅葉が素敵ですが、食べ物も大変豊かです。お腹も心も満たされること間違いなし!

・合わせて読みたい→東京で51年ぶりに満開後の積雪 思わぬコラボに感嘆する声が続々

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(9枚)

おすすめ記事