恋する気持ちは体に悪い? こじらせると相手にあたることも…

こんなに苦しいのは恋のせい? 自分が自分じゃなくなる感じも…

(monzenmachi/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

恋愛をしている状況によって、胸が高鳴ったり、不安に駆られたり、いろいろな体の症状に例えられることがありますよね。

相手のことを思うあまり、まるで病気にかかったかのように、胸が締め付けられたり、食事が喉を通らなかったりする人も多いでしょう。

 

■大人の恋をするつもりが…

fumumu編集部では、全国20〜60代の男女1,361名に、恋愛に関する調査を実施しました。

恋する気持ちは病気みたいなものだと答えた人は、全体で40.9%でした。

性別・年代別では、30代男性が一番少なくなっています。

恋は病気性年代別グラフ男性は、衝動的ではなく、落ち着いた恋をしたいと考えるようです。

「若い頃は周囲も見えなくなるくらいの恋もしたけど、いい年になったから落ち着いた大人の恋をしたい。相手に盲目になられたら引いてしまうので、同じような考えの女性がいい」(30代・男性)

 

しかし40代男性では4割に増えており、恋の炎は再度、燃え上がるのかもしれません。

 

■仕事も手につかない

20代女性の中でも恋愛体質の人は、半数近くが恋は病気みたいなものだと思っています。

恋は病気性傾向別グラフ

「好きな人のことを考えすぎて、仕事が手につかないなんてしょっちゅうです。相手が変わる度にこんな気持ちになるので、周囲は迷惑でしょうね…」(20代・女性)

 

■恋の病が抑えきれずに…

気持ちが不安定になり、中にはネガティブな思いを相手にぶつけてしまう人もいます。

「彼氏がなにをしているのかが気になって、しつこく連絡してしまうんです。相手にはうっとうしいことだとわかっているのに、気持ちが抑えられなくて。

 

しかも、返信が遅いと怒ってしまうこともあって、優しい相手も耐えかねて破局って感じですね」(20代・女性)

 

ひっそりと、彼の行動を監視する女性もいますが…。

「元カレがメインで使っているのとは別のSNSアカウントを、ひっそりとチェックしていました。なにをしているかが気になって広がる不安感を抑えようと思って…。

 

でも、なにもいいことがありませんでした。知らない女友達とのやり取りに嫉妬するなどして、さらに病む悪循環でした」(20代・女性)

 

できれば恋の病で苦しむのではなく、楽しい気持ちでありたいもの。それがなかなかうまくいかないのも、恋の難しさですね。

・合わせて読みたい→恋の駆け引きも…わざとやきもちを焼かせる人に起きた残念な結末

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名/20代女性295名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!