心の余裕を持つために…習慣にしたい3つのこと

心に余裕がある生活を送れたら、日々も過ごしやすくなるはず。おすすめの方法を聞いてきました。

寝起き
(golubovy/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「なんだかいつも余裕がない…」と心にモヤモヤを抱えている方、きっと少なくない気がします。いつも焦っている、イライラが止まらない、他人に厳しくしてしまう。

そんな余裕のなさを、どうにか解消する方法はないのでしょうか? fumumu取材班が、心に余裕を持つ方法を聞いてきました。


①睡眠不足は敵!

「どんな理由よりも、睡眠不足はすべてを壊すと思います…。寝不足だと小さなことにもイライラするし、いつもはできることができなくなったりもするし。


自分では寝ているつもりでも、体には足りていないこともあると思います。自分がショートスリーパーだと思っている人は、一度自分の適切な睡眠時間がどれくらいか、休日にでも試してみてほしいですね。


たっぷり寝た次の日は、気持ちにも余裕がありますよ。人のミスにも寛容になるし。ちょっと高い枕や、すべすべのシーツを新調するのもおすすめです♩」(20代・女性)


関連記事:自分のペースを崩さないために 気持ちに余裕を持つ3つのコツ

②無理な計画を立てない

「時間に余裕がないと焦ってしまうので、無理なスケジュールを立てないようにしてほしいです。私は、遊びの予定であっても詰めすぎると疲れてしまうので、最低でも月に数回はひとりでゆっくりする日を作っています。


これくらいはいけるかな? と予定をたくさん入れた月に、自分でも驚くほどイライラしてしまったんですよね。遊びに行く前も、行きたくないなぁと気持ちが落ちてしまって。なにも予定がない日を、あえて作るのは大切だと思います」(20代・女性)


③適度に汗をかく

「適度に運動! と言いたいんですけど、私は運動嫌いなので、定期的にサウナに通っています(笑)まったく汗をかかないと、なんだか老廃物が体の中に溜まっている気がして、モヤモヤしてしまうんですよね…。


汗をかくと気持ちもスッキリして、心にも余裕が生まれる気がします。身体にもいいことをしている感じがするので、気分もいいんですよね。


激しい運動じゃなくても、私にようにサウナとか、ホットヨガとか、ちょっと散歩してみるとか、自分ができそうなものでいいと思いますよ」(20代・女性)


その他、趣味に没頭する・好きな人と話す・好きなものを食べる、などが出てきました。

共通するのは、ストレスを感じないことをする、という点のようです。自分に合った方法を、ぜひいろいろ試してみてくださいね。

・合わせて読みたい→「ずっと家にいるから体が重い…」 運動不足、家でどう解消する?

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事