タピオカの次はプリンブーム? 本格ティースタンド「チャノン」が関西初上陸

ただのタピオカはもう古い! プリンが丸ごと入った「プリッチ」が梅田大丸にOPEN


今年、4月に表参道にOPENした本格ティーショップ「CHANUNG(チャノン)」が11月13日に大丸梅田にもOPENしました。

数多くのタピオカ専門店があるなか、チャノンはタピオカだけではなく、プリンを丸ごと入れた「プリッチ」を発売し、話題になっています。


■プリンを丸ごと入れた「プリッチ」

プリッチ

チャノンの定番商品は「プリッチ」(Mサイズ/650円)。プリン風ではなく、丸ごとプリンを1個入れたプリッチは、喉越しが良く、甘くて、どこか懐かしい味がします。

満足感もたっぷりなので、スイーツ感覚で楽しめるのもいいんです!


関連記事:コージーコーナーからタピオカスイーツ登場! プリンが飲み物に!?

■小粒でもちもちの白タピオカ

白タピオカ

無添加無着⾊の真っ⽩な白タピオカは、実は台湾産はちみつにたっぷりと漬け込んだもの。ほんのり甘いタピオカは病みつきになりそうです。

白タピオカは黒タピオカよりも小粒でもちもち感を味わえます。


■関西限定の2種のフレーバー

関西限定で登場したフレーバーは、「マンゴー」と「抹茶」!

マンゴー

フレッシュなマンゴーの味わいにプリンの甘さが交わった一品。普段はあまり見かけない組み合わせではありますが、さっぱりとした甘さが好きな方にはこちらのマンゴー味をお勧めします。


抹茶の落ち着いた味わいとプリンは王道の組み合わせ。甘すぎず、プリンの味も楽しみたい人は、ちょっと大人な味わいの抹茶味がお勧めです。


新食感の「プリッチ」是非一度、味わってみてください。

・合わせて読みたい→女子大生がタピオカ遅刻? 街中やSNSで加速するタピオカブームの実態

(文/fumumu編集部・チーター

この記事の画像(7枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!