朝起きてすぐのキスが嫌…それとなくかわす方法

寝起きのキスがどうしてもできない人もいますよね。対策を聞いてみました。

キス
(nd3000/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏と同棲をしたりお泊まりをしたりすると、寝起きにキスを求めてくることもあるのでは? ですが、どうしても匂いや口内環境が気になってしまう人もいますよね。

回避するにはどうすれば良いのでしょうか。fumumu取材班は、経験者に話を聞いてみました。


①「トイレ行ってくる」

どうしてもキスが嫌な場合に、“起きてしまう”アクションを取るのも方法だとか。

「ラブラブアピールは嬉しくて、私も彼に普段からベタベタしてしまうほうです。ただ、どうしても苦手なのは、お泊りして次の日の朝にキスをしてくるところです。


今までの彼氏だと特に気にはしなかったんですが、彼は虫歯持ちのせいかちょっと匂いが…。そこで『トイレ行ってくる』と行ってしまうこと。そのまま起きるムードを作って、一度仕切り直してしまえば良いですし、少なくとも自分の口はすすぐことができます」(30代・女性)


関連記事:気持ちも冷める…彼のキスに引いてしまった瞬間

②「すっぴんが恥ずかしい」

朝起きてすぐのキスって漫画の様にロマンチックなだけではありませんよね。ニオイやすっぴんなど女子には気になるポイントがあるようで…

「一番目の理由は自分の朝イチの口臭が気になるから。二番目の理由はすっぴんをどアップで見られてしまうからです。ニオイのことはなかなか言い出しにくいので、まだお付き合いの年月が浅い相手の場合は『すっぴんを見られるのが恥ずかしい…』と言って逃げます。


付き合いが長くなってなんでも言い合える関係になったら、『歯磨きたい!』って言っちゃいます。相手も一緒に磨いてくれることもあるし、おすすめですよ」(20代・女性)


③後ろから抱きしめてしまう

朝にいつもおはようとキスをしてくる彼。でも本当は寝起きの口でキスをしたくないと葛藤していた女子は…

「朝起きたときに気分が盛り上がるらしく、すぐにキスをしてくる彼。潔癖症だと起きてすぐのキスは嫌という人もおおいのではないでしょうか。そのようなときは彼のことを後ろからギューッと抱きしめます。


後ろから抱かれると安心感があり、愛情が深まります。キスをしなくても幸せな時間を過ごすことができますよ」(20代・女性)


相手を傷つけず回避できると良いですね。

・合わせて読みたい→口以外のキス…する!? 実はキスをする部分で意味があることが発覚

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事