好きな人と久しぶりの再会…連絡を続けて落とす方法は?

再会したのをきっかけに恋に発展することも。方法を聞いてみました。

乾杯
(Tomwang112/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

忘年会や新年会など、冬は人と会う機会が増えます。好きだった人と久しぶりに再会することもあるのではないでしょうか。

そこで終わりではなく、継続して連絡を取って、付き合いまで発展したい人もいますよね。

そこで、fumumu取材班はテクニックを聞いてみました。


①元カノにはできない一面を見せる

以前うまくいかなかったならやり方を変えれば良いという女子。その方法とは…?

「好きな人としばらく会ってなくて、最近久しぶりの再会を果たしました。聞けば、彼女と別れたようでテンションだだ上がり! 『LINE』なら以前のやり方と変えて、彼を余裕持って支えてあげる女をとことん演出し、こまめに連絡をしました。


彼が上手く行かなかった元カノの過去話での愚痴を聞き、その反対の、元カノではできないことを自分ができると彼に見せてあげることです。そして、今では無事付き合うまでにいたりましたよ」(20代・女性)


関連記事:彼に浮気心がなくても注意! 元カノと連絡を取る場面3つ

②昔の思い出話をして…

昔の思い出は美化されやすいもの。そこにフォーカスすることで、彼女の気持ちも取り戻してみましょう。

「年末の飲み会で元カノと再会。昔の二人だけの思い出を話して、二人の世界に持ち込みました。外見は大人っぽくなっていたけど、話すうちに中身はやっぱり昔のままだな、と感じてますます戻りたくなりました。


落とすときは、『あれからいろんな人と出会ったけど、久しぶりに会って話していくうちにやっぱり○○が好きだと再確認した』と直球でアピールしました」(20代・男性)


③褒めたり趣味を聞いたりする

好きな人に再会して気持ちが再燃。付き合うために効果的な方法は…

「好きな気持ちを伝えることができず、未練が残っていて忘れようとしていたのに好きな人と再会。それがきっかけで連絡を取るようになりました。


距離を縮めるために連絡では彼のことを聞き出し、『すごいね、教えてほしい!』など褒めました。趣味も聞き出して共通の趣味だったので一緒に出かけるまでこじつけました。連絡では自分の話だけではなく相手のことも聞き出して距離を縮めることが大切です」(20代・女性)


好きな人と今度こそ恋愛成就すると良いですね。

・合わせて読みたい→同窓会は出会いの宝庫? 久しぶりの同級生にトキメキやすい理由とは

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事