面倒くさい認定も…男子が「そんなことで言われても…」と思う嫉妬

嫉妬も仕方によっては面倒だと思われます。具体的な事例や発言を聞いてみました。

悩む女性
(Damir Khabirov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性の嫉妬を男性は面倒臭いと思うことが多いです。特に、男性からすれば「そこまで?」と思ってしまう内容は苛立ちの対象になってしまうそう。

そこで、fumumu取材班は、男性たちに「そんなことで言われても」と思ってしまうマイナスな嫉妬を聞いてみました。


①「男性しかいないお店にして」

「束縛は嫌い」「嫉妬しない」とさっぱり女子を演じてしまう女子は多いですが…

「付き合う前に『束縛は嫌い』と彼女に伝えていて、『私もそうだよ』という言葉があったため、信頼していたんですね。でも蓋を開けてみると…。一番ドン引きしてしまったのは僕が毎月通うリラクゼーションサロン、いわゆるマッサージ店でのこと。


セラピストの性別を聞かれ、普通に女性だと伝えると『男性しかいないお店にしてほしい』と嫉妬されたことです。整体と似通うもの“いかがわしい”お店じゃないのに、そんなことで言われてもね…と鬱陶しく感じました」(20代・男性)


関連記事:彼女の女友達にまで嫉妬…「独占欲をこじらせすぎた」男子の発言3選

②付き合いのキャバクラ

望んでいるわけでもなく、自分ではどうしようもないこともあるのに…という男子の本音。

「会社の飲み会の時に、隣の席が女の子だったことを話した瞬間、彼女にキレられました。そもそも取引先のお偉いさんに連れていかれただけなのに…。彼女にはそんな話は通じません。


何を話したのか、とかボディタッチがあったのかなかったのか、とかもうまるで浮気をした人間に対する尋問のような聞かれ方をしました。会社という組織の中での飲み会だし、そんな目くじらをたてて言われても…と呆れました」(20代・男性)


③芸能人に対抗

女子にありがちな嫉妬。こんなことを言うとめんどくさいと思われてしまうかもしれません。

「恋愛において嫉妬はつきものですよね。でも場合によっては彼氏にめんどくさがられることもあります。テレビを見ていてかわいい芸能人が出ていてたので僕がボソッと『かわいいなぁ』と発言。


そうすると彼女がいきなり『どうせ私はこの子みたいにかわいくない!』と嫉妬。自分はイケメン俳優見てキャーキャー言うんですよ? マジで面倒くさいです…」(20代・男性)


嫉妬してしまうことはどうしてもありますが、「かわいい嫉妬」ですみようにできるだけ気持ちをコントロールしたいですね。

・合わせて読みたい→彼氏が「もしかして試されてる?」と身構える女子の言動

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事