無意識にやってない? 人の話を聞くときの3つのNG行為

「この人、真面目に話を聞いてくれないなぁ…」と思われる前に、無意識にNG行為をしていないかぜひチェックしてみましょう。

女性の会話
(Bojan89/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人の話を聞くときに、無意識にNG行為をしていませんか? あまり頻繁にしていると、「この人には話したくない…」と距離を置かれてしまうかもしれません。

今回は、この話の聞き方はいやだ! と感じる行動をfumumu取材班が聞いてきました。


①関係ないものを触る

「人と話しているときに、話と関係ないものを触られるとイラっとします。スマホを見ながらは絶対にだめだと思うけど、髪をくるくるしたりもいやかも。枝毛を探す人っていません? それいまやることかな!? とイラっとしますね。


私の話を聞く気がないんだなと感じるので、話す気も失せてしまいます。人の話を聞くときは、聞き方が下手でもせめてちゃんと目を見てくれ! と思いますね」(20代・女性)


関連記事:無意識にやってない? 人から敬遠される話し方

②時計を小まめに見る

「時計をチラチラ見られると、早く帰りたいのかと思って気を使ってしまいます。たまにならいいけど、あまりにも腕時計を見る頻度が高いと、話がつまらないアピールかと感じるかも…。


腕時計を見るのって、本人にとっては一瞬でも相手にはすごく伝わるんですよね。解散したい時間が決まっているなら、最初に言っておいてほしいです。


事前に言われていた時間になったら、こちらの話も終わらせるようにしますから。一緒に遊んでいるときは、時間を気にせず思い切り話したいです」(20代・女性)


③話を遮ってまとめる

「こちらの話を遮られるのはモヤモヤします。遮るだけならまだしも、『つまりこういうことでしょ?』とか『要は~』とまとめてくる人っているじゃないですか。しかもそれが微妙に外れてるんですよ!


『いやいや違くて…』と説明するのも面倒なので、人の話は最後までしっかり聞いてほしいです。討論しているんじゃないんだから、相手の話を切ってまで、どうして自分の意見を突っ込んでくるのかわからないです」(20代・女性)

人の話は目を見て、最後まで聞く。あたりまえのように聞こえますが、親しくなるとおざなりになってしまうのかもしれません。

親しき中にも礼儀ありを意識して、会話を楽しむようにしましょうね。

・合わせて読みたい→「この人と仲よくなりたいな」と思ったら 相手との距離が縮まる会話術

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!