隣の芝は青く見えただけだった…悩みを抱えるアラサー女子たち

まるで全てのことが上手く言っているかのように見えても、本人にしか分からない悩みや真実もあります。

悩む女性
(seb_ra/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

仕事、結婚、妊娠、出産…アラサーは、人生の岐路が訪れるタイミング。周囲の同世代女性を見て、羨ましく思ってしまうこともありますよね。しかし、一見、順風満帆に見える人でも、人知れず悩みを抱えていることも。

fumumu取材班が、詳しい話を聞きました。


①理想の仕事には就けたけど…

「超有名企業の総合職として入社し、同期の誰よりも早いスピードで課長になりました。


周囲は私の功績を羨みますが、個人的には出会いに恵まれず、未だに『年齢=彼氏いない歴』なのが悩みです」(20代・女性)


関連記事:既婚女性に聞いた! 「理想の夫」3つの条件

②結婚したけど…

「20代のうちに結婚して、30歳になるまでに1人は子どもを産みたいと思っていたのですが…妊活を初めて一年経つというのに、全然子どもができません。


不妊症ではないかと、気が気でなりません」(20代・女性)


③妊娠したけど…

「結婚後、程なくして妊娠。幸せの絶頂期を迎えたと思っていたのですが…勤務先に妊娠の報告をしたところ、産休&育休後の契約更新が白紙になってしまいました。


仕事がなければ保育園に子どもを預けることもできないのに…赤ちゃんを抱えながら、どうやって就活をすればいいのでしょう。これから出産が控えているというのに、不安に押し潰されそうです」(20代・女性)


④3人の子宝に恵まれたけど…

「結婚後、3人の子宝に恵まれました。でも、『女の子ばかりで後継がいない。男の子が生まれるまで頑張って』と、義母からのハンパないプレッシャーを受け続けています。


また次も女の子だったら…と思うと怖くてたまりません」(30代・女性)


⑤「理想の夫婦」と言われるけど…

「医師と結婚し、寿退社。今は、子育てをしながら専業主婦をさせてもらっています。ママ友たちは、こんな私たちを『理想の夫婦』と羨ましがっていますが、じつは、夫が看護師と浮気しています。


子どものために、このまま気づかないふりをして理想の夫婦を演じ続けるべきか、それとも離婚をすべきか…。人生の決断を迫られています」(30代・女性)


何でも、他人のことはよく見えるものです。

自分だけが辛い思いをしているわけではないと分かれば、少しは気持ちが軽くなるかもしれませんね。

・合わせて読みたい→「結婚して良いのかな…」と悩んだ彼の特徴とその後の結末

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事