「もう爆発したくない!」 自制心を育てる方法

怒りをコントロールして、キレる自分を卒業しましょう!

怒る女性
(littlehenrabi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

怒りをコントロールできずに周りに当たってしまうのは、自分もつらいですよね。

「キレたくないのに、またキレちゃった…」とお悩みの方のために、自制心を育てる方法をfumumu取材班が聞いてきました。


①怒りの原因を探る

「職場でイライラが収まらなくて、些細な言葉にも反応してしまう時期があったんです。上司からの指示にも腹が立ってしまうし、同期の笑い声にもムカついてしまって。


効果があったのは、怒りの原因をしっかりと探ることです。原因を解決せずになぁなぁにしていると、その他のことに怒りをぶつけてしまうこともあるので。


私の場合は、ひとりの先輩に言われたことがどうしても許せていなくて、会社に行くたびに思い出していたんですよね。そのイライラが自分の中で溜まってしまって、会社のすべてが嫌になっていたんです。


先輩に言って物事が大きくなるのも嫌だったので、同期に愚痴を聞いてもらいました。誰かに先輩のことを話すのは初めてだったので、ものすごくスッキリしましたよ。日頃の怒りを小出しにすることが、爆発しないコツなんじゃないかなと思います」(20代・女性)


関連記事:カッとなったとき…上手に怒りをコントロールする3つのテクニック

②自分を客観視する

「ブチギレしそうなときは、自分をなるべく客観視するようにしています。私は、幽体離脱したイメージで自分を見るんです!


怒っている自分って、すごく理不尽なことを言っていても気がつかないじゃないですか。頭に血が上っているから、冷静になって後悔することもありますよね。


カッとしそうになったら、頭の中で『幽体離脱…幽体離脱…』と唱えてみてください。本当に効きますよ。自分を俯瞰で見ることで、理不尽なことでキレそうになってると気がつけるんです」(20代・女性)


③相手に時間をもらう

「短気な性格は簡単には治らないので、もう割り切って相手に時間をもらうようにしています。キレそうなときに、相手からなにかを言われると火に油なんですよね。相手を打ち負かしたい! と思ってしまうので、我慢ができなくなってしまうんです。


なので、怒りが爆発しそうになったら『ちょっとひとりにして!』だけ言って放置してもらいます。彼氏や親しい友人には、冷静なときに私の扱い方を伝えているので、そう言うだけで一歩引いてもらえるんです。


相手ありきの方法ですけど、自分を抑えられずに相手を傷つけるなら、少し時間をもらって冷静になったほうが、お互いにとっていい方法なんじゃないかと思っています」(20代・女性)


周りに怒りをぶつけるのは、周りだけではなく、自分も傷つくことがあります。

怒りをコントロールできない自分を嫌いになる前に、ぜひできることからチャレンジしてみてくださいね。

・合わせて読みたい→怒りもピークに…興奮して暴言を吐いてしまうのはどんなタイプ?

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!