彼氏を甘やかし過ぎかも? 注意すべき3つの要求

甘やかすことだけが優しさではありません。時には厳しく注意すること、嫌なことはきちんと断った方が良さそうです。

ケンカするカップル
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏からお願い事をされた時、断り切れずにOKしてしまう女性は少なくありません。好きだからなのはもちろん、嫌われたくないがゆえに、つい優しくしてしまうという人も。

しかし、彼氏を甘やかし過ぎると、ゆくゆくは自分自身を追い詰めることになってしまうかもしれません。

fumumu取材班が、注意すべき3つの要求について、経験者の女性たちに詳しい話を聞きました。


①金銭的な要求

「『仕事を辞めたい』と、彼氏から相談を受けました。でも、『次の仕事が決まっているわけでもないし、お金がないから辞められずに辛い』とも。不憫に思った私は、当面の生活費として彼氏にお金を貸すことにしたのですが…。


それからというもの、『就活のためにスーツを新調した方がいいかも』とか『内定のためには資格を持っていないとダメらしい』などと、次々と追加のお金が増えていくことに。


彼氏を頑張らせることなく、軽い気持ちでお金を貸してしまったことを心底後悔しています」(20代・女性)


関連記事:石原さとみ、好きなタイプを告白 「顔が好き」と挙げた名前に男性ファンは悲鳴

②物質的な要求

「バーで意気投合した彼氏は私より14歳も年下ですが、私のことをとても大切にしてくれるし、将来は結婚しようと言ってくれています。


その言葉が嬉しかったし、私に見合った大人の男性になって欲しいという思いも込めて、彼氏の誕生日にはブランド物の財布をプレゼントしました。


でも、それがいけなかったみたいで…今年のクリスマスプレゼントに、同じブランドのバッグをおねだりされてモヤモヤしているのが本音。このまま貢がされるのではないかと、気が気ではありません」(30代・女性)


③自分本位な要求

「仕事帰りに彼氏の家に行く約束をしていたのですが、具合いが悪くなってしまったのでキャンセルの連絡をした時のことです。『せっかく準備して待っていたのに』とか『俺のことなんてどうでもいいんだ』と彼氏に責められてしまい、結局、無理をして行くことにしました。


彼氏がドタキャンした時、私は無理をさせることなんてしなかったのに…。別れたくはないのですが、彼氏に振り回されて疲れているのが本音です」(20代・女性)


甘やかし過ぎるとワガママになり、手に負えなくなってしまうこともあるのだそう。

肝に命じておきたいですね。

・合わせて読みたい→

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!