デートの日に風邪…彼氏の言動で分かる「ダメ夫」の兆候

結婚の誓いに「病める時も慈しむことを誓いますか?」とありますが、本当に誓える人は、そういないのかもしれません。

風邪
(Marcos Calvo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いざという時に、人の本性って出ますよね。デートの日に風邪を引いてしまった時、想像を絶する彼氏の態度に愕然とする場合も。

そんな人と結婚してしまったら、苦労するのはあなた自身かもしれません。

fumumu取材班が、彼氏の言動で分かる「ダメ夫」の兆候について、経験者の女性たちに詳しい話を聞きました。


①「お大事に」で終わる

「『風邪をひいちゃったみたいで、昨晩から39度の熱が下がらないから』とデートを断るLINEをしたんですが、彼氏からの返信は『了解! お大事に』だけ。


実家暮らしならまだしも、1人暮らしで39度も熱があったら、普通は心配して看病に駆けつけてくれますよね? 風邪がうつるのが心配なら、せめて差し入れだけでもしてくれたっていいのに。彼氏の素っ気ない態度には、心底ガッカリしました」(20代・女性)


関連記事:風邪が治るどころか悪化…男子が別れを決意した「看病できない女子」

②差し入れが自分の好きなものばかり

「風邪でデートをキャンセルしてしまったのですが、『大丈夫? 晩ご飯何か買って行くね』と彼氏。おかゆとかゼリーとか、熱があっても食べやすく、消化にいいものを買ってきてくれると期待して待っていました。


ところが、彼氏が持って来たのは、自分が好きなピザにフライドポテト、海老マヨサラダにコーラ! 風邪で具合いが悪い時に、脂っこいものや刺激物なんて食べれません! 欲しいものを伝えていなかった私も悪いのかもしれませんが、期待して損しました」(20代・女性)


③予約のキャンセルをすべきか聞かれる

「『熱があってデートに行けない』ってLINEしているのに、『レストランの予約はキャンセルしておいた方がいいかな?』と聞いてきた彼氏。ただでさえ熱でしんどいのに、KYな質問をされてイラッとしました。


たまたま今回は私が予約していたのですが、お店の名前は伝えてあるし、私の負担を考えれば、気を利かせてキャンセルくらいしてくれたっていいはず。いざという時、気が利かない男性って本当にダメですね。イライラして余計に具合いが悪くなりました」(20代・女性)


結婚するなら、いざという時に頼れる男性がいいですよね。

・合わせて読みたい→女子が体調不良のときに、彼氏がお見舞いにくるとウザい3つの理由

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!