人にイラっとしたときのプチ対処法! 穏やかな心を手に入れるには?

ふいにやってくる「イラっ」とした気持ち。どう対処すればいいのでしょうか?

悩む女性
(nathaphat/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

「なんでそんなことするの!?」「こっちの気持ちを全然分かってくれない」 そうやって、周囲の人に対してついイラっとしてしまうことってないですか? イライラが爆発する前に、なんとか冷静になる方法はないのでしょうか。

今回は、イラっとしたときにできる3つの対処法を、fumumu取材班が聞いてきました。


①他人は他人と割り切る

「自分とは違う他人なので、考え方も絶対に違うから。他人は他人、自分は自分! と割り切って、自分の価値観を当てはめないようにしています。


『なんでそんなことするかなぁ!?』と思ってしまうときって、自分がしてほしいと思っていたことと、相手のしたことが違うときじゃないですか。でも、それって相手からしてみれば『お前の価値観なんて知らないわ!』って感じですよね。


相手を違う人間だと割り切れば、変にイライラしすぎることも少なくなると思います」(20代・女性)


関連記事:「考え方が合わないなぁ…」 価値観の違う人と話すときのコツ3つ

②相手への期待を捨てる

「無意識に、相手に期待してしまうことってあるじゃないですか。こうしてほしいな、ああしてほしいなって。相手がその通りに動かなかったとき、裏切られた気持ちになってイラっとするんですよね。


でも、相手に期待していることって、ただの自分のわがままなことが多いから。周りの人は自分を満足させるためにいるのではないので、いい意味で、相手への期待を捨てることが大切だと思います。


物心がつかない小さな子どもに対して、自分を満足させて! なんて思わないですよね。大人にだって、そんなこと思っても意味がないと思いますよ」(20代・女性)


③相手側で考えてみる

「誰かにイライラしたときって、つい『自分だったらこうするのに!』と思ってしまうじゃないですか。でも、相手側の立場でしっかり考えてみると、意外とそんな簡単じゃないんだなと思ったりもするんです。


職場で簡単な仕事を投げてくる上司にイラっとしたりもするけど、上司の立場で考えてみると、自分以外でもできる仕事は部下に投げていかないと、管理職なんてできないですよね。


雑用ばかり受け持つ上司なんて、逆に頼れないじゃないですか。自分が相手の立場だったらどう動くか冷静に考えてみると、理不尽に思えた行動も理解できたりしますよ」(20代・女性)


人それぞれ立場が違う以上、理不尽に感じる相手の行動も、そうしなくてはいけない理由があるのかもしれません。

イライラに心を侵略される前に、考え方のコツをぜひ身に付けてみてくださいね。

・合わせて読みたい→人付き合いが苦痛… 人間関係に悩まないコツはある?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!