「仕事がつまらない!」 会社に行くのが楽しくなる3つのコツ

どうせ出社しなくてはいけないなら、楽しく会社に行きたいですよね。コツを聞いてきました。

悩む女性
(tuaindeed/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

生きている中で、仕事の悩みはやっぱり大きなものです。楽しく会社に行けたら最高ですが、なかなかそうは思えないときもありますよね。

どうにか、会社に行くことが「楽しい!」と思う方法はないのでしょうか。fumumu取材班が、考え方のコツを社会人の皆さまに聞いてきました。


①相手を知る努力をしてみる

「入社当初は、『仕事とプライベートは分けたいタイプなんで』と、ちょっと斜に構えた感じだったんです。プライベートの話なんてしないし、仕事終わりの飲み会なんて絶対に行かないと決めていました。


それでも仕事は回ったけど、職場の人同士が仲よくなっていくのを見るのは、少し複雑で。楽しそうに話している姿を見て、『職場で遊んでんじゃねーよ』って思ってしまうこともあったんです。でも、それってすごく格好悪いじゃないですか。


ちょっと相手に興味を持って、人として話すだけで、その人との仕事もなんだか楽しくなるんです。話しかけるハードルが下がれば、業務連絡だって億劫じゃなくなるし。職場の人と一線引いている人は、試しにプライベートの話をしてみてほしいです。意外と、気が合う人がいるものですよ」(20代・男性)


関連記事:職場で苦手な人と…ストレスをためないようにどう付き合ってる?

②笑顔で挨拶をする

「私が効果があったのは、やっぱり挨拶! 会社に着いて一番最初に口から出る言葉って、ものすごく影響が大きいんですよ。


仕事だるいなーと思いながら挨拶すると、その気持ちが声に出て、そのダルさが仕事にも伝わってしまうような。周りの人も、ハリのない挨拶を聞いても気分はよくないですよね。


会社に着いたら、まず笑顔で挨拶! 試しにやってみたら結構楽しくて、そこからの業務もいつもより面倒に思わなかったです。『今日元気だね!』と言われるのも、なんだか嬉しいですよ」(20代・女性)


③同じ会社の人と戦わない

「同じ会社の人って、本来仲間じゃないですか。同じ目標に向かって、一緒に進んでいく相手ですよね。なのに、つい相手を言い負かそうとしてしまったり、相手よりいい結果を出そうと意地になってしまったり…。


変なバトルを始めてしまうことってあるじゃないですか。そういうの、意識的にやめてみたんです。相手の意見をちゃんと聞いて、成績を競っている相手であっても見習うところは見習って、恥ずかしがらずに質問するところはする!


これを徹底していたら、ものすごく仕事がやりやすくなりました。職場の人にイライラすることも少なくなったので、朝起きて『会社行きたくないー!』と叫びたくなることも、結構減った気がします」(20代・女性)

会社に行くことが「楽しい!」と思うためには、人間関係をよくすることが第一歩のようです。一緒に仕事をする人と楽しくコミュニケーションが取れていなければ、仕事も楽しくないですよね。

朝の挨拶、話を振ってみる、相手の意見を尊重する。できることから、ぜひ試してみてくださいね。

・合わせて読みたい→仕事が忙しくて出会いがない! どうやって恋愛相手を探せばいい?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!