オシャレもほどほどに…浪費癖チェックポイント5つ

「オシャレは我慢」と言いますが、お金がなくなって生活を我慢するようにはなりたくないですよね。

買い物
(Karimpard/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

年末は、リッチで特別感のある洋服を着たくなる季節。フカフカのファーやキラキラしたアクセサリーなど、ショーウィンドウを見ながらデートやイベントのコーデを考えるのは楽しいですよね。

しかし、秋冬物は春夏物に比べて単価が高め。欲しいものを我慢せずに買っていると、思わぬ出費になってしまうことも…。

そこで、fumumu取材班が、浪費癖チェックポイントについて、ファッションクラスタたちに詳しい話を聞きました。


①必要かどうかより値段重視

「必要かどうかより値段重視で洋服を買ってしまう人は、浪費癖がありそう。


プチプラ服だったとしても色違いで大人買いなんてしていたら、あっという間にお金がなくなってしまいます」(20代・女性)


関連記事:彼との別れを悩み頭がグチャグチャ…整理するためのチェックポイント

②「一生モノ」とコスパを底上げ

「『一生モノだから』と商品のコスパを底上げし、高額でも買ってしまう人は浪費癖ありの傾向が。


『日割りで計算するなら1日でも早く買った方がいい』という考えがあると、冷静な判断ができず、ついお金を使い過ぎてしまうので要注意」(20代・女性)


③欲しい物はプレ値でも買ってしまう

「欲しい物はプレ値でも買ってしまう人は、我慢できないパターンの浪費癖。


手に入らない物ほど余計に欲しくなる気持ちは分かりますが、あまりに執着し過ぎると、うっかりあり得ない額を払ってしまうこともあるので気を付けた方がいいかもしれません」(20代・女性)


④買わないより買って後悔を取る

「買わないで後悔するよりも、買って後悔した方がマシだと思っている人がいますが、浪費癖あるあるですよ。


買わなくても損することはありませんが、買ってしまってからでは支払いに困ることもあるので気を付けて」(20代・女性)


⑤使わなければ売ればいいと考える

「浪費癖がある人ほど、とりあえず買うだけ買って、使わなければ売ればいいという考えを持っていることが多いように思います。


でも、売ったところで買い手が付くかどうかは賭けだし、また、売れたとしても元が取れるとは限らず、損することの方が多いのではないかと思います」(20代・女性)


浪費癖は、自覚することで矯正ができます。

これらのうち一つでも当てはまった人は、お金を使い過ぎないように用心したいですね。

・合わせて読みたい→タピオカはそれほど好きでもないのに…周囲の人に流されたと思った自分の行動

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!