何様のつもり!? 「職場で新入社員にイラっとした瞬間」聞いてみた

どの業界も人手不足の今、売り手市場を勘違いしている新入社員たち。

悩む女性
(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

会社勤めをしていると、プライベートでは絶対に付き合わないような人とでも協力し合わなければならない時、ありますよね。

しかし、新入社員のあまりにも度が過ぎた態度には、イラっとしてしまうことも。

fumumu取材班が、経験者の女性たちに詳しい話を聞きました。


①ジェネレーションギャップで回避

「自分がやりたくないことは全て、『私の世代は…』とジェネレーションギャップで回避しようとする新入社員。『昔のことは良く分からないんですが』とか『今の常識だと』などと口ごたえしてくるので、超イライラします。


たった2歳しか年が離れていないのに、ジェネレーションなんてあるか! このような態度を取られるのは屈辱的だし、許せません!」(20代・女性)


関連記事:年上彼氏だからこそ気をつけたい! 長続きする年の差カップルの秘訣

②価値観の違いで押し切ろうとする

「スイーツのプロモーションをするため、他社製品のリサーチを新入社員に頼みました。ところが、『私、ダイエット中で甘い物は避けてるんで。試食とかは出来ないですけど、いいですか?』と言われ、カチンときました。


『業務命令です』と言っても、『スミマセン。私、この会社にずっといるつもりはないんで。先輩とは仕事に関する価値観が違うのかもですね…』と。


会社からお給料を貰っているのなら、それに見合った仕事はすべき! 価値観の違いで仕事ができないと言うのなら、今すぐ価値観を共有できる会社に転職して欲しいものです」(30代・女性)


③最近の体調不良を理由に逃げる

「納期までに仕事を納品できなかったことを、ここ最近の体調不良を理由に逃げ切ろうとする新入社員。スケジュールは何週間も前から決まっていたのに、ありえません。


『まさか、このタイミングで風邪をひいてしまうとは思っていなかったので…』からの、『とりあえず、今は仕事をできるような状態ではないので帰っていいですか?』と。


一度逃げ切れたらまた同じことを繰り返されると思ったので、納期を再調整し、しっかり納品させました」(30代・女性)


今は、個人の意向が尊重される風潮がありますが、行き過ぎればただのワガママです。

社会人として、モラルのある振る舞いを心掛けたいものですね。

・合わせて読みたい→20歳以上年上の男性を好きになってしまったら…どうすれば上手く付き合える?

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!