体調不良で休んだだけなのに…「会社を退職しようと思った瞬間」聞いてみた

「我慢」や「努力」が美徳とされてきた世代には、「体調不良で仕事を休む」ということが理解できないようです。

悩む女性
(Jakraphong Pongpotganatam/Getty Images Plus/写真はイメージです)

朝晩が寒くなり始めた今日この頃。体調管理はしっかりしていても、風邪気味で辛い…という人も多いのではないでしょうか。

しかし、いくら体調が悪かったとしても、会社を休むのはそう簡単ではない様子。体調不良をキッカケに、退職を決意する人もいるようです。

fumumu取材班が、経験者たちに詳しい話を聞きました。


①風邪で休んでるのに大量メールが…

「風邪で会社を休んでいるのに、大量のメールを送りつけてくる上司。『今日はお休みを貰ってるから…』と返信しないでいたら追撃され、結局、家で仕事をすることに。


有給を使って休んでいるのに仕事を強要されるなんて、最悪! しかも、完全なるタダ働きですよ! これじゃあ、何のために休みを貰ったのか分かりません。こんな上司がいる会社、辞めようと思います」(20代・女性)


関連記事:何様のつもり!? 「職場で新入社員にイラっとした瞬間」聞いてみた

②体調不良を拗らせて救急車で搬送…

「38℃の熱と酷い頭痛で早退を申し出たのですが、『解熱剤を飲めば何とかなる』とか『ヤル気さえあれば乗り切れる』と、根性論を語り出した上司。


早退の許可を貰えないので仕方なく仕事をしていたら、いつの間にか意識を失ってしまって…救急車で病院に搬送されるハメに。


検査の結果は、ウイルス性髄膜炎。そのまま入院し、丸々一週間、会社を休みました。こうして、退院して家に帰ってきた時、『せっかく元気になったけど…このままじゃ、会社に殺されるかもしれない』と怖くなり、辞める決意をしました」(20代・女性)


③「自己管理が甘い」と叱責されて…

「インフルエンザで仕事を休んだ後、上司から呼び出され、『自己管理が甘い』と叱責されました。その後も、何かある度、『彼女は自分自身のこともちゃんと管理できないから…』と嫌味を言われ続け、ストレスが溜まる日々。


私だって、インフルエンザになりたくてなったわけじゃないのに…。このままずっとイジメられるくらいなら、いっそ会社を辞めた方がマシ! もっと社員を大切にしてくれる会社を探そうとお思います」(20代・女性)


健康でなければ、仕事をすることはできません。無理せず、自分に合った会社を見つけたいものですね。

・合わせて読みたい→インフルエンザ発症後に職場で言われて傷ついた一言

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!