セクマイで話題になるカミングアウト…当事者の意見も様々?

セクシャルマイノリティの人は、カミングアウトについて考えることが多いです。意見を聞いてみました。

悩む女性
(Chinnapong/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

マイノリティを自認している人は、カミングアウトするかどうかで悩む人も多いですよね。するか、しないかというのは個人の自由ですが、カミングアウトに対する見方は様々なようです。

fumumu取材班は、セクシャルマイノリティの人たちに意見を聞いてみました。


①カミングアウトはすべき

「なかなか理解されにくいこともあるので、カミングアウトはかなり悩みますよね。でも、私は親しい人にはカミングアウトをしたほうがいいと思っています。


隠し続けるのはストレスだし、“彼氏まだいないの?”なんて、セクマイだと微塵も思っていないから出てしまう発言に辛くなることが多いからです。


あと、私はレズビアンなので、彼氏とのエッチな話題とかすごく苦手なんですよね。伝えることで配慮がされるようになると思うんです。親しい人なら、ちゃんと説明すればそう無下にする人もあまりいないと思います」(20代・女性)


関連記事:アセクシャルをカミングアウト! そのときの反応で傷ついたこと3つ

②カミングアウトはしない方がいい

「エッチの事情とか、本来は秘められたものなのに、自分だけ“男性をエッチな目で見てしまいます”とか、そういうのを晒さなきゃいけないっておかしいですよね。


恋愛指向とか、性的指向をセクシャルマイノリティだからオープンにしなきゃいけないっていうのはちょっとおかしいと思うんです。そういうのって本来はわざわざ人に話すものではないので、カミングアウトするっていう考えには賛同できないです」(20代・男性)


③公表するかしないかという風潮が疑問

「なぜセクマイがリスクを負わなければならないのでしょう。社会の風潮的に、カミングアウトするのか、しないのかという考え方になっています。


でも、マジョリティの人もわざわざ『自分は浮気性です!』『なかなか恋をしないタイプです!』なんて話さないでしょう?


今の関係に亀裂が入るリスクを冒してまで、カミングアウトが求められるって、なんか弱者的な立場になってしまうと思うんです。本来は触れるべきことではないのではないでしょうか」(30代・女性)


日々、“カミングアウト”について考えるセクマイの人たちは多いです。カミングアウトされたらしっかり受け止めたいですし、そうでなくて偶然発覚してしまっても責めないような姿勢でいたいですよね…。

・合わせて読みたい→セクシャルマイノリティの人が、他の当事者に会った方がいい3つの理由

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!