顔相鑑定㉑:高畑充希は早とちりが多い顔? 『同期のサクラ』のメガネの意味は…

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回女優の高畑充希さんを鑑定!

池袋絵意知 顔相占い顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は、10月9日にスタートした水曜ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)で主演を務める女優の高畑充希さん。

故郷と本土を結ぶ橋を架けるという夢のため、大手ゼネコンに入社した主役の北野サクラを演じます。

1話を1年として10年間の物語を描いていくそうで、新入社員時代はショートカットに丸メガネのサクラが10年間でどんなビジュアルに変化していくかも楽しみです。


■白目が澄んでいる高畑充希

高畑充希

さて、高畑充希さんお顔ですが、肌の色艶もよく、目も輝いていて、口角がナチュラルに上がった笑顔もいいので好調さがうかがえます。

特徴的なのは目が丸く大きいこと。目が丸い人は好奇心が旺盛で何にでも興味を持ち、話題のものにすぐに飛びつくミーハーな傾向があります。また、大きな目は開放的で明るい性格を表します。

そして、白目がとても澄んでいて、見る人はこの大きな瞳に吸い込まれるような感覚を得ると思います。

人間は赤ちゃんの時がもっとも白目が澄んでいて、年を重ねるほどくすんでくるのですが、高畑充希さんの白目は子供のように澄んでいてかわいい印象を与えています。


関連記事:真剣佑&高畑充希の作業着姿に「今年の仮装はこれ!」との声相次ぐ

■目と目の間が狭くてせっかち

目と目の間は狭く、頭の回転が速くて集中力の高い人です。コミュニケーションにおいても自分の思ったことをストレートに相手にぶつけて、すぐに回答を求めようとするなどせっかちな傾向があります。

この顔相の女性は早とちりが多かったり、生真面目すぎて相手にもそれを求めるなど束縛傾向があります。そのため恋が長続きしない人が多いです。


■誰とでもすぐに仲良くなれる鼻

鼻は付け根が低く縦に短いのが特徴で、警戒心がなく誰とでもすぐに仲良くなれる人。子供のように純粋で初対面の人とも打ち解けるまで時間がかかりません。

鼻が短い人は嫌なことがあってもすぐに忘れて立ち直るのが早いのですが、高畑充希さんは目と目の間が狭い集中タイプなだけに、感情を引きずりやすく、負の感情の場合も意識をそれに向けることが多そうです。

最後にドラマでかけているメガネについて。メガネも顔の一部でメガネの利点はなんと言っても知的に見えることにありますが、このメガネが与える印象についてまとめます。

シルバーのメタルフレームはビジネスマンらしい真面目さを、丸いラウンド型は優しさを、顔のサイズと比較して大きめなのは野暮ったさ(田舎っぽさ)を表現しているようです。


★10月27日(日)に尼崎市のシャレコーベミュージアムで開催される「第8回ハロウィーンフェステバル」に出演します。
詳しくは「顔相鑑定士池袋絵意知公式サイト」をごらんください。

・合わせて読みたい→顔相鑑定⑯:山田孝之、濃い系ジャパニーズの代表としてハリウッドに進出!?

(文/fumumu編集部・池袋絵意知

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!