misono、メニエール病発表に批判が殺到 「恐ろしさを知ってほしかった」と言及

misonoさんはメニエール病を発表し、批判が殺到しました。

misono
(画像はmisono公式ブログのスクリーンショット)

7日、歌手でタレントのmisonoさんは自身がメニエール病を患ったことを発表。その後、批判が殺到したことについてmisonoさんと、夫でロックバンド『HighsidE』のドラマー・Nosukeさんが言及しました。


■メニエール病を公表

misonoさんが、7日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)でメニエール病を発表しました。自身の症状として、「耳がすごく痛いのと、起きたらめまいがある」「震えが止まらなくなる」と話しています。

これにより、体が限界をきたしたため、年内で休止するつもりのようです。

この発表には批判のコメントが寄せられました。

「自分の病気をいちいち番組で公表するのも、おかしいし。『病名を明かすからTVを見て下さい』って宣伝するmisono」


「旦那様の方が大変なのに、misonoはいつも自分ばっかりで何も変わってない」


「ブログに書くだけで良くない?」


関連記事:飛石連休・藤井ペイジが授かり婚について言及 「なにが悪いのか…」

■Nosukeさんも言及

9日、Nosukeさんは自身のブログを更新。misonoさんへ寄せられる批判について「妻自身がどう思っているかはわかりませんが、とても真っ直ぐで純粋な人なので、もしかしたらそういった言葉の一つ一つに傷付いている時があるかもしれません」と言及。

また、「とにかく宣告された側にしかわからない心境があります」と病気について想いを綴りました。


■メニエール病の実態を知ってほしい

批判を受けて、15日にmisonoさん本人もブログで経緯を記しました。

Nosukeさんは現在、精巣がんによる胚細胞腫瘍で闘病中ですが、この密着取材では多くの人が視聴されたようです。

その結果、彼の知名度が上がって仕事が増えたこと。また、がん保険やあまり認知されていなかった病が知られることで早期発見につながることを説明。

そして、自身のメニエール病についても、苦しんでいる人が多い中で、周りからひどい扱いをされたり、職場などで理解されず悩んでいたりする人が沢山いるそうです。そのため、個人差はあれど「メニエール病の恐ろしさを知ってほしかった」と心境を綴りました。

メニエール病はストレスや心労から来ると言われています。病気で苦しんでいるときに、「Nosukeさんの方が大変」と比較するのも一考の余地があると思われますが、misonoさん自身も旦那さんが苦しんでいるのを見て、病にかかってしまったのかもしれません。

さらなるストレスがかからないよう、落ち着いた環境で療養できることを願っています。

・合わせて読みたい→音信不通を経て…飯田祐馬がKANA-BOONの脱退を決定 「後悔はありません」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!