加藤浩次、「社長はカオリ」 個人事務所設立の報告に相方は苦笑

加藤浩次さんが個人事務所「有限会社加藤タクシー」を設立したことを明かしました。

加藤浩次
(画像は『極楽とんぼのタイムリミット』のスクリーンショット)

お笑いコンビ「極楽とんぼ」が司会を務める『極楽とんぼのタイムリミット』(AbemaTV)。

13日の放送では、加藤さんが個人事務所を設立してからはじめての仕事であることを明かしました。


■7月には「辞める」発言も

7月、闇営業問題や事務所の体制などで、世を賑わした吉本興業。様々な問題を受け、加藤さんがMCを務める朝の情報番組『スッキリ!』(日本テレビ系)では、同社を批判し現会長・社長が退任しないなら「辞める」との発言もありました。

会長との緊急会談などを経て、8月10日に放送された自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(MBSラジオ)では、状況を説明。

今後吉本興業とエージェント契約を結び、加藤さんの妻・カオリさんが代理人として、スケジュール管理を行う可能性があることを話していました。


関連記事:ノンスタ石田、新幹線内の悪臭被害に怒り 「すげー不愉快」

■「加藤タクシーのタレントなんで…」

そして13日、『極楽とんぼのタイムリミット』(AbemaTV)では、関東近郊の有名心霊スポットを巡る…という企画が放送されました。

山本さんの車でロケに向かう車中の会話では、加藤さんの言動が「加藤の乱」と呼ばれていることに触れ、「加藤さんは最近、強いイメージのタレントになってるじゃないですか」と山本さん。

「俺なんてもう、弱小ですよ。10月1日から、わたくしは大手事務所じゃないですから…有限会社加藤タクシーのタレントなんで」とサラっと衝撃発言。

極楽とんぼ
@AbemaTV

■「タクシー会社をやってるわけじゃ…?」

じつはロケを行ったのは、10月1日。この日から“吉本所属の芸人”ではなく、今回のロケがエージェント契約を結んでからの初仕事の様子。

「有限会社加藤タクシーの社長さんでよろしいんですね?」との問いには、「僕はただの取締役です。代表はカオリなので」「知らないうちに代表権をなくしていた」と語りました。

極楽とんぼ
@AbemaTV

今後の仕事はカオリ社長のもと、エージェント契約制度で行うようです。

念の為、山本さんは「あなた、タクシー会社をやっているわけじゃないですよね?」と確認しますが、「タクシーはやってないです」と断言。

一度聞いたら忘れない素敵なネーミングですが、「なんでタクシー付けちゃったかな~」と山本さんは苦笑…。

大きな決断をした加藤さんですが、変わらず真っ直ぐでキレッキレな姿を届けてほしいですね。

・合わせて読みたい→広瀬アリスの夢に加藤諒が出てきて… その内容に「ごめんなさい」と謝罪

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!